コミュ症、コミュ障、さまざまな呼び方がありますが、コミュニケーション能力に悩みがあるVは珍しくなかったりします。

ただ、Vtuber、Vライバーとして配信をしていくのであればコミュニケーション能力はほぼ必須になります。ただ、コミュニケーション能力が低くても配信自体はできるため、「自分がちゃんとできているのか」等、不安になりやすいポイントでもあったりします。

完全に捨てるとなると動画勢になるのか、視聴者ゼロか、それに近い状態でも喋り続けられるのかという話になるため、簡単なガイドを作成してみようかなーと。

ちなみに、書いている本人は、コミュ症を治そうとコールセンターで仕事をしたり、割とスパルタで対処してきたタイプだったりします。

コミュ症にも種類がある

さてさて、早速本題に……移る前に、コミュ症ってそもそもなにかって考えるときに分類があると理解が早くなったりもします。

医学的な話とかは別に、個人的に経験で学んだ範囲はこんな感じです。自分を分類しておくと課題が見つかりやすくなったりすることもあるので、思考の整理にでも使ってください。

不安だったらカウンセラーとかに聞きにいくのも方法

経験が足りなくてコミュ力が未熟なタイプ

個人的に多いと思っているのがこれ。何かしらのきっかけで成長が止まってしまったり、一部のコミュニティで過ごすことが当たり前になって異質な価値観に対して拒絶反応を起こしたりするタイプ。

そもそも他人とコミュニケーションをとった経験自体が少ないため、極端な方向に行きがちなのもポイント。

環境が悪いだけでコミュ力に問題がないタイプ

たまたま周囲にやたらと否定意見をぶつけている人が多くて、コミュ力自体にはそれほど問題がないタイプ。所属するコミュニティを選ぶかわりに、生かせる環境を選べれば伸びることもあるのがポイント。

私はこのタイプで、環境がマッチしないと途端にコミュ症になります

障害などがあってコミュニケーションがとりにくいタイプ

発達障害など、脳の構造上コミュニケーションに問題が生じやすいタイプ

少数派である一方で、自分がこうだと思い込んでいるパターンも多かったり。

基本的に医師に判断されないと分類ができないので、悩んだならお医者にGO。実は症状緩和する薬とかあったり、サポートも存在します。自分の特性を知る上でも他人を頼るのは良い選択です。

ただ、頼る他人間違えて苦労する人も多いんですけどね(親が頼れなくて苦労する人も多い

基本的な対処方法は人と話すこと!

コミュ症をざっくりと分類したわけですが……障害などがある場合を除き、基本的な対処方法は似てたりします。

重要なのは他人と話すこと。以上!

……いや、終わるんかいと言われると困るので書きますが、経験が不足しているなら経験を積んで能力を伸ばせばいいですし、コミュニティなどが偏っている場合は自分と相性がいいコミュニティを見つけるまでいろんな人の価値観を知っていくことが大切なのですよね。

知識が偏っていたり、平均にズレがある結果、自分に問題があると思い込んでしまう場合が多かったりするのです。

これは親に問題があるケースや、学校などのコミュニティに問題があって拗らせてしまうケースも含まれます。

人それぞれ特徴にあわせて教育とか選んでくれればいいのですが、親も学校も教育選ぶとか、全部考えられるわけではないので……

結果的に人一倍感性が豊かだったり、精神の発達が早かったり、接触するコミュニティが偏ってたりする子はコミュ症と思い込むケースも増えると。

それを客観的に判断してサポートしてくれる他人はほぼ皆無なので、自主的にカウンセリングに通うとか、心理学学んで分析するとかしないと「どうしてコミュ症になったのか」という分析まで至らない。

障害だと思い込んでるだけで経験が少なかっただけとかはよくある話なので、自分から学んだり、医師に診断してもらったりといった自助努力が必要なのですよね。

なお、それを子どもに求めるのはですし、社会構造的に問題があるとは思っています。ただ、それを指摘できる人間も少ないのでこうやって記事を書いていたりします。

障害疑うなら専門家に診断してもらうしかなくて、素人が言えることはなかったりもするわけですが。

他人と話すことも困るからコミュ症なんだよ! という人への処方箋

正直、他人と話すのも大変だからコミュ症だと感じる人が多いと思うので、こちらも解説していきますね。

仕組みから理解していかないとわかり辛い面もありますので。

そもそも他人を意識していないからコミュニケーションが成立しないことが多い

はい。経験が少ないタイプの主な原因がこちらです。そもそも他人を意識していないことが多いというお話。

意識しているというか、意識しすぎて辛い! という人も多いと思うのですが、まず冷静に考えてみましょう。

自分が言っている話は、他人に得のある話ですか?

割と多いのが、得になっていると思い込んでいる場合が多いということ。というのも、他人に得がある話なら、相手は熱心に聞いてくれるはずなのですよ。だって、得になるのだから。

聞いてくれない場合は何かがずれているということです。

コミュニケーションの経験が少ないタイプは根本的な思い違いをしていることが多くて、自分が一番の思考にはまっていることが多いのです。

逆に意識し過ぎて主体性がないから困る場合もあるのですが……そちらは一旦脇におきます。

コミュニケーションはキャッチボールです。自分にかまって欲しい場合は、相手の得になる情報や興味を引く情報を渡して、相手の反応を待つ必要があります。

当たり前なのですが、相手は他人なので得になる情報やプラスになる情報にしか反応してくれません。日常会話だと相槌ぐらいは打ってくれるかもしれませんが、家族でも親でもないのに反応する義理も縁もないのです。

コミュニケーションの経験が足りない人は、子どもの頃に成功を否定されたり好奇心の芽をつまれるような何かがあったケースが多くなります。

結果的に親からうけられる無償の愛と他人との違いがわからず、親に求めるような要求値が高いボールばかり投げてしまうことが多いのですよね。

箱入りにありがちな失敗という話もありますが、ごめん、私は他人なんだってなります。

まずはこの意識の溝をうめていくことが大切だったりするという。

他人に興味を持つことが重要になる

他人から好意を受け取りたいのであれば「他人が興味があることにまず目を向け、欲求にそった言葉を選べるかどうかを考え、ミスマッチがあれば修正していく」という複雑な過程が必要になります。

正直言ってしまうと、自分の趣味以外に興味がないという人はその時点で詰む可能性があります。だって、自分の興味があること以外はどうでもいいのでしょ?

それって自分が最優先ってことですよね?

自分の中でそれとは違うと思っても、相手に伝わらないと意味がないのがポイントです。で、思っていることを伝えるためには言葉や行動で示す必要があります。

他人に認めて貰うって割と労力がかかることなのです。

で、それでも返ってくるかどうかわかりません。だって、「便利だから利用する」とか考える人がいるのも現実なので。そういったことを踏まえた上で、少しずつ経験を積んでコミュ力が成長していくわけです。

多少の失敗があるのは当たり前で、それでも続けられるかという話でもあります。やらなければやらなかったという結果が残るだけです。

配信者にとっての他人は視聴者

さて、配信の話に置き換えると、他人とは視聴者のことです。視聴者が興味を持つことを配信しなければ人が集まらないのは当たり前になります。

最初は義理や人情で人が集まるかもしれませんが、得になるものがなければ人が離れます

まぁ、YouTubeの場合はそれでも人が見ているように見える場合もありますが……惰性で取りあえず流しっぱなしにしている人や、面白くない話しを延々話している人間をあざ笑う他人が含まれたりも普通にあったりします。

だって、コメントしなければ誰が見てるかわからないんだもの。

匿名掲示板に延々とネガティブな話題かかれても知らないです。ネガティブな話題が出るだけマシで、そもそも配信してるのに視聴者0人とか出る人もいますけどね。

配信が面白い面白くないに限らず、そもそも宣伝や周知、Twitter上のコミュニケーションが足らないから人が来ないというケースもあります。

改めて聞いてしまうと、

あなたの配信は何が魅力で、誰に対して宣伝しましたか?

Twitterで告知を出しても、ツイートにアクセスした人がいなければ「ただ流れただけ」です。どんな反応があって、どう返すかもコミュニケーションで、反応がなければ何かがずれていたと考えなければならないのですよね。

ぶっちゃけ、一人で考えると苦しくて辛くなる場合も多いので、困ってますって助けを求められるのがポイント

ただ、どこをどう困っているのかまでは自分でまとめる必要があるので注意してくださいね。更に言ってしまうと、言葉が足りないほど読み手の能力がためされます

普段から他人に関心を持っているのか、自分を客観視できているのかを求められる部分でもありますが、割と社会人になってから困る人もいます

配信……というか、他人を気にしなくても生きていく手段もあって、そのままマイルールで生き続ける人もいますしね。

悩みながら解決するのか、根気良く助けを求めるのか……場合によってはgoogle先生とかSiriとかも頼りながら他人とコミュニケーションを試みるのが出発点だったりします。

いや、以外と検索は馬鹿にできないので……

あと、コメント拾うのも大事ですが、日ごろ発言した人のツイッターをチェックしているか、どんな気持ちでコメントしているのかを考えることで会話力が鍛えられたりします

他人への興味が強ければ、日常的に他人をことをチェックしてエピソードを記憶してたりするので。活動初期ほど身近な視聴者を気にすることって大事だったりします。

手っ取り早く他人の興味を引くのが企画でありコラボだったりする

コミュニケーションに問題があるのはわかっても、他人の反応が欲しいと思うのは別に不思議なことではなかったりします。

で、良くやる手段がコラボだったりします。企画を立てれば目立てる部分があり、内容が良ければそれだけ人目も集まります

ところで、結局中身がなければファンは増えないのですが。一時的に視聴者が増えて見えても登録者が増えないとかよくある話です。

だって、話が面白くないんでしょ? っというオチになります。ルックスや声などの武器があればそれでも残る可能性がありますが……

自分の魅力は磨くもので、周囲のレベルも上がり続けているから競争が激しくなっているという現実があるのですよね。

楽をしたらおいていかれる可能性があるので、楽をしたいなら数を求めないのを推奨します。

ちなみに、「喋らなくてもいいからゲームをしよう」も悪手です。だって、Vに限らず、ゲーム実況界隈はゲームをしながらコメントも拾うコミュ力高い人があふれているので……

他人に興味を持つということは、自分の外の世界、自分を取り巻く世界にも興味を持つということにも繋がります。

簡単に数字が出ないことは当たり前、それでも配信をやるのかという話でもあったりするんですよね。

コミュ力に問題があるからこそ動画に進む人もいますし、歌などのスキルを磨く人もいます。

簡単に数字が出るんだったら誰も引退しませんし、もっと企業などもどかどかVになだれ込んでいます

数字を見るのであれば、数字の中身が人間であることまで考えてはじめてスタートですかね。

初心者であれば登録者一人増えただけでも凄いこと

とまぁ、厳しい話しをしてきましたが、割と現実がそうなんだから仕方ないんですよね。ただ、一つ言ってしまうと、スタートが経験不足から始まっているのであれば、登録者一人増えるだけでも凄いことだったりするのですよね。

まぁ、見た目などがポイントでツイッターなどを経由して登録してくれるケースもあるでしょうが……

配信して登録者一人増えるだけでも喜んでいいことだったり。

で、最初は配信よりもTwitterでの発信とかの方が登録者増えるとかも当たり前です。そこから一歩一歩進んでいく過程にあるだけで、ドバーッと伸びる人は基礎能力自体が違います。

配信数年、下手すると10年単位、声優見習いにプロの声優、役者にシナリオライター、プロのイラストレーター、誰でもなれるのがVなので、自分のファンを大切にのんびり伸びていけばいいだけです。

伸びる過程で才能が発掘される人もいますし、やめたければやめられるのもVなので。リアルで失敗しづらい分チャレンジしやすい部分もあるので、やりたいようにやると良いかと。

他人を誹謗中傷とかしたり、否定し続けたりしない限り社会的に死ぬようなこともないので、羽伸ばすのも、地道に努力するのも方法ですよーということで。

あと、バグとかで登録者減ったりとかも日常的にあるのがYouTubeなので、減った時はバグの性にするとかも普通にありです。

そして、配信しても登録者が増えないとかも普通にあるので、過剰に落ち込まずに、あとは面白いコンテンツや視聴者のためになにができるか考えるのがお薦めです。

数ヶ月くらいのスランプや伸び悩みはクリエイターあるあるで、年単位で苦しむ人もいたりするので。

次回予告

思ったよりも長くなってしまったので、次回はコミュニティによる価値観の違いを書こうかなぁと。

前置きしておくと、割と家庭や学校などの狭い範囲のコミュニティでは異端児でも、他のコミュニティにいってみると普通だったとかあるので、記事以前に外に飛び出してみるのも方法です。平均値とか取れるようになると自然とバランス取れるようになるので。

あと、一般社会で非常識な人がクリエイター界隈いったら常識人だったとかもあるので、自分が会いそうな世界や社会を探すのも方法です。

同じV界隈でも結構層がわかれたりするので、あちこちのコミュに顔出したり、クリエイターが集う集まりとかに顔出してみると発見があったりもしますよ。


参加者募集中!

現在のメンバー数:895
現在のグループ数:7
現在の記事投稿数:450
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account