伸びない……」とか数字で悩む子がちらほら目に付くようになったので、「ああ、季節の風物詩になったんだなぁ」とか、思っているしらたま。です。

季節の風物詩とは何かといえば、「夏休みの長期の休みでデビューしたV」が数字のことを口にするのを目にするようになったから。

新人伸びない問題は過去にも色々取り上げていたのですが、改めてまとめてみようかなぁと。

私が猫なので、猫でもわかるように書いていきますよ。

よく見かける「伸びない理由」

宣伝が足りない

Vtuberは実況者から転生する、イラストレーターなどからバ美肉するなどの選択肢をとらない限り、知名度0から始まります。

準備中から姿や声でバズる人もいますが、存在とし定着する、認識して貰うにはある程度宣伝が必要になります。

よくツイッターでフォロワー数百人、配信を始めたけど人が来なくて心が折れかけたなんて話も聞くのですが……

ツイッターで宣伝しても見るのは数百人のフォロワーのごく一部、宣伝見ても予定があったりするのは更に一部、しかもずっと見てくれる保証はないわけですが……

改めて聞くのですが、宣伝できてますか?

ただ配信するだけじゃなくて、「自分がどのようなVのもので、そんな面白さを提供できるか」を伝えられてはじめて宣伝で、集客見込めないのに配信しても失敗して当たり前ですね。

個人Vをフォローしているという時点で「フォロワーにはすでに推しがいることが珍しくない」のまで確定してるので、考えて動かなければ数字は出ません。

人を楽しませる要素がない(自己満足)

個人Vでよくあるのが、人を楽しませる要素がない配信です。

自分の好みの外見を作り、自分が楽しい配信ができるのがVの魅力でもあります。ところが、見る人の心情を考えないと「一切面白くない」「魅力がない配信」も作れてしまいます。

別に自己満足で配信をすることを否定するわけではありません。ただし、告知などをすれば、「貴重な時間を使ってきてくれた人の時間を浪費させる」までありえるのがポイントですね。

そういう人は二度とこなくなるわけですが、他人からみて魅力的な配信動画作ってますかね

自分が楽な方向、できることに逃げて楽しませたいというのはただの惰性になりかねないので注意。

あと、ライバル多くて急速にレベルアップする人もいる中、自分がいつまで面白くいられるかも考えといた方がいいです。努力する他人がいることは認識しましょう。

客層のミスマッチ

宣伝と若干重なる部分があるのですが、どれだけ面白いコンテンツを作っても、面白いと思ってくれる層に届くかなければ意味がありません。

マニアックなジャンルの会話するのであれば、まずマニアックなジャンルを好きになってくれる人を呼ばないと反応が得られません。で、マニアックな人ほど自分で積極的に探しにいかないと見つからないことも多い。

一般的なTwitterのRTで届かない層がいることを認識した上で、必要に応じて自分で探してアプローチするくらいの行動はした方がいいです。それができないと、発掘してもらえるまで延々一人で喋り続けるとかありえるので。

そもそも伸びるってなに?

理由はざっくりまとめたわけですが、実際はそもそも伸びる伸びない以前の状態にいる方が多いなぁというのが正直なところです。

だって、伸びないとかいっても数字の根拠がない、薄いので……

伸びる伸びないって話しをするなら、少なくとも同期のVのデータとってどれくらいのポジションにいるかチェックするとか、V全体のどれくらい位置にいるかとか数字の根拠が必要なはずなのですが……

なんとなくの感覚で言っている人が多いのですよね。

根拠がなければ主観での発言になるので、大幅なバラツキが出る上、比較対象が企業勢中心とか普通にありえてしまいます。

なんで、ブランドを確立してモデルもレベルが高く営利目的で活動している企業と、個人でぱっと出の新人を比較してるの?

更にいうなら、創作界隈、実況界隈で何年も活動してきた人、プロの声優だって魂の素性明かさずにVになることもできるわけですが、貴方はいままでの人生で何をやってきたの? と。

もともとVとして誕生した時点での経験値も、見た目も、能力も違うのに、伸びないって話しをするということは……Vになれば誰でも伸びるとか都合のよいことでも思っていたの? という話になりかねないのですよね。

実は伸びてないとか思い始めたら、「自分が現実を見ていなかったんじゃないか?」とか、見直す場面であり、あとは現実を見たうえでどう対策をするか考えて初めて入り口に立てたりするのです。

伸びる伸びないを言っているだけの人はほとんどの場合「入り口にすら立っていない」です。趣味でやるならまったく問題はないです。が、伸びたいのであれば自分を省みないとどうしようもない

なお、スケールの話しをしてしまうと、配信や動画投稿のたびに登録者が1名増えても伸びたといえます。あとは準備期間の長さや、収益化までの目標設定などで変化します。

無理な目標設定して引退していくVは割とよくみますけどね

猫でもわかる伸びない問題

伸びる伸びないの問題は身近なテーマに置き換えるとわりとわかりやすくなったりします。

Vtuberデビューは誰でも、どのようにデビューすることもできます。

ところで、あなたは志望校の受験や、就職活動も事前準備なしで挑むタイプですか?

専門の写真店にいって見た目がよい写真を撮って貰ったり志望動機や長所をアピールしたり、学校や企業の特徴を調べた上で履歴書などに書く内容も場にマッチしそうな内容に調整したりしませんか?

デビュー後も同じで、良い成績出したかったり、出世したかったりしたら勉強する・工夫をするのが当たり前ですよね。

自分が楽をしたいということを優先すると評価の対象から外れるのが基本で、他人を意識するようになってからが重要になります。

自分に隠された力があると思うのは中学二年で卒業するものです。まぁ、持っててもいいのですが、少なくともそれを武器にするための工夫とかは必要で、他人に見つけてほしいとか頼っている内はただの甘えです。

見つけて貰いやすいように言葉にしたり、表に出したりして、コミュニケーションが成立できるように提示しないうちはコミュ症のレベル。

自分がコミュ症だってわかっているなら、配信を避けて動画メインにするとか考えましょう。コミュ症だけど人気になりたいからとかいって雑談やゲーム配信しようとかしても、誰も見る人がいない地獄になる可能性があります。

こういう問題は創作初心者あるあるなわけですが、年単位で苦しむ人がいたりするのもまたあるあるです。

「あ、これじゃだめだ」って思って見直すところからが本当のスタートなので、あんまり自分を卑下する必要はなかったりもします。

雑談はほかのコンテンツがメインだから伸びることも多い

まぁ、こういう話しをして「うっ」心に刺さった人もいるとは思うのですが、雑談やゲーム配信で伸びると思う人がいるのにも理由があったりします。

大手含めて雑談やゲーム配信で伸びる人も多いわけですが、その文脈が勘違いされやすいからです。

というのも、雑談は「普段待ったく別の活動していることが多い人のプレミアム性」「裏話的な要素」などが乗ることが多く、活動に別な柱があって初めて面白くなるケースが多かったりするのです。

単純にトーク力で伸びる人もいるわけですが、そうなると話題の引き出しが多いとかコミュ力でも突出したケースが多くなります。

で、そういう人を基準にするということは、雑談以外の活動の柱があるとか、突出したトーク力があるって事でいいんですよね?

伸びる基準をプロに絞り込んだら平均値が異常に上がるのですが、自分が実際にそれを真似できるかまで考えていない人が多い。

ゲーム配信とかもそうで、ゲームしながらコメントと読むV多いんですが同じことできるってことでいいですか?

ゲームに集中し過ぎてコメント読めない時間の方が圧倒的に長いとかなったら、初見殺しが発生しやすくなりますが。

伸びる伸びないの話しをするなら、最低限自分のスペックも考えておきましょう。足りないならこれから伸ばすことであって、最初から数字が出るわけではないです

身の丈にあった数字がでていることが大半

割とシビアな話しをしてしまうと、Vの者は伸びる伸びないではなく活動の身の丈にあった数字がでていることが大半です。たまにミスマッチが生じることはありますが、実力+Vという付加価値で数字がでている人が多いので、あとは伸びるために

・宣伝をする

・人を楽しませる方法を考える

・実力を磨く

・自分を好きそうな人があつまるコミュニティに売り込みにいく

とか、すればいいんですよね。それができれば数字が伸びますし、足りないものがあれば伸びないというだけの話で。

自分の表現、趣味などを優先し、人の評価を気にしないのであれば、そもそも数字を気にしたら負けですね。

人の評価を気にしないというのは、

自分>他人

の構図になっていますから、趣味であれば問題ないです。

数字を気にする場合は

自分≧他人

になるので、少なくとも対等くらいには他人を扱わないと結果出せなくなる可能性が高い。

なお、数字取れない配信者の多くが

自分>他人

になっていることは改めて書いておきます。リスナー大切に扱わないVの者の何を評価しろと? 特別な才能でもあればともかく、不快であれば見る必要がなくなりますので。

才能がなくても努力や工夫で補えるのが世の中の面白さなので、天才ではないなら別な方面で補ってください。

具体的な伸ばし方のポイント

ところで、ググってる?

初手からあれなんですが、伸び方についてgoogle検索してたりしますか?

割とどうやれば伸びるのか……って悩む人は見かけるんですが、googleで、「YouTube 伸び方」で検索かけるとかやってる人が少ないように見えるんですよね……

普通に伸びていく人は「迷ったら調べる」「人に聞く」ケースが多くて、

「伸びない、辛い…」

とかTwitterに書く位なら

「○○で伸び悩んでいるのですが、対策会議の配信をしたいと思います。リスナーだけでなく、Vの者もあつめてお話をしたいので、皆さんで意見を出し合ってみませんか? ゲストに今勢いのある○○さんをお呼びします

とか前向きな方向に持っていきます。ゲスト呼べなかったら検索して調べた情報を提示するだけでもプラスになりますしね。

なお、そういう会議やるならしらたま。は普通にゲストでお邪魔します

猫の手も借りたい人はどうぞ。(しかし、アバターには手がない)

結果出している人は調べ物の量や、勉強量自体が違うことが多くて、少しでも工夫をすれば一歩前進できることは覚えて損がないです。

自分の魅力はしっかりとまとめよう

V界隈は自分の魅力を伝えるのが下手な人が多かったりします。口下手であることが人間的な魅力に繋がることはありますが、宣伝広告の面ではマイナスです。

売り文句がなければ商品は売れません。

何もかも自信ががないですが見てくださいとか言われたら、そんなんだったら推しの配信自分で面白いって言っている人を見に行った方がお得感があります。

謙遜はコミュニケーションがしっかりとできている身内には伝わりますが、他人には伝わりません。

魅力発掘しようとしても調べるのが手間なので、何千人というVや、準備中の人がいる中で他人に甘えようとしても「運が良くなければ見つけてももらえない」状態になるのですよね。

自信がない? なら、せめて好きな絵師さんにイラスト依頼して

「顔がいい」

位は言えるようになってください。世界観とかコンセプトが面白いのであれば、それを短く、わかりやすくまとめるのもスキルです。

ヤバイVとかをアピールしたいなら、ヤバイエピソードもまとめておきましょう。営業下手はリスナーに恵まれないと延々くすぶる可能性があります

魅力を伝えるための宣伝も大切に

魅力をうまくまとめても、宣伝が下手だと機能不全に陥ることがあります。

さて、魅力的な動画を作ったとして、Twitterなどでうまく動画の魅力を引き出した宣伝ができていますか

ただTwitterに投げるだけでは意味がない場合もあります。これはフォロワー数自体が少なかったり、客層とマッチしていない動画であればそもそも見られない恐れもあるから。

あらかじめ動画に反応してくれそうなフォロワーを増やしておく、反応してくれそうな人にアプローチしていくのは非常に重要です。

野球に関する動画を投稿するなら、野球が好きな人をフォローしたり、こんな動画を作ってますとか話題に出すのは基本ですよね?

新人Vであれば、まずは新人Vを良くフォローしている人、RTしてる人を探して片っ端からフォローするとかいいねつけるとかやっておきましょう。

ハッシュタグ辿って、ほかの新人の情報もRTしている人の情報とかたどれば誰が新人好きかとかわかるので、自分で探して反応してくれそうな人にアプローチするとか基本になります。

下手になれない中配信するよりも、Twitter上の営業などで自分を評価してくれる層宣伝に反応してくれそうな層を作っておくことは大切です。

評価したり、反応してくれる層がいないのに闇雲に配信しても「反応得られない・伸びない」で心が折れる原因になりがちです。

「反応なくても喋り続けた孤独に強い自分」を自慢する人もたまに見かけるんですが、「集客の見込みなく見切り発車で配信を始めた人」という見方もできたりします。

趣味では問題なくても、ビジネスや商業観点だと???と判断される話もあるので、誰に対して主張するかも結構大切

効率考えないと時間が溶けるばかりで数字が伸びないという悩みに繋がりやすくなるので、思いつきの行動には注意。

色々書いてきた上でのオチ

ところで、Vtuber 伸び方ってgoogle検索すると、割と普通に私の過去記事が上位にきたりするのですが……

同じような話題は過去にもしていて、繰り返しになっている話題もあるのですよね。

ただ、時期によって目立つ傾向は変わるので、新しい記事と古い記事比較したりするのも方法ですよ。それと、Vtuberに限らず、YouTubeの登録者数の伸ばし方もググれば唸るほどでてくるものなので……

調べて学ぶ、それでもわからないことは人に聞くとか癖付けしていくことは大切ですよーということで。

あと、配信に私を呼ぶというの普通にできるので、興味がある方はDMで相談どうぞ


参加者募集中!

現在のメンバー数:891
現在のグループ数:7
現在の記事投稿数:448
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account