42人でメルト歌ってみたサムネイル

マイネーム イズ イズミ.月森イズミです。

このたび、VTuber42人でメルトを合唱しましたので、告知いたします。
https://www.youtube.com/watch?v=KhmDzMEA6zM&feature=youtu.be

動画の公開にあたり、
編集に1年もの時間がかかったことを、参加VTuberのみなさんにお詫びいたします。申し訳ありません。

この動画の見どころは3つです。

  1. 42人という大多数で、しかも男性ボイスが多いメンバーで、キーの高いメルトを歌ったところ
  2. 電子の妖精プリムちゃんの、絶妙なMIX
  3. サビ部分はオリジナルの演出

1、42人という大多数で、しかも男性ボイスが多いメンバーで、キーの高いメルトを歌ったところ


この企画は、歌ってみたVTuber合唱の第二弾として企画され、
2018年の7月に募集されました。
前回の千本桜では78人で、人数は減ってしまいましたが、
歌ってみたの中で二けた人数の合唱は比較的珍しいと思います。

加えて、編集が長引く間に、参加者VTuberさんの姿がどんどん変わったので、以前の姿がまとめて見れて、レアだと思います。

参加者さんからは歌う音程が大変、というコメントをいただきました。
サポートメンバーのたまちゃんからは、歌い手をしている人でもメルトは大変、という意見がありましたが、後の祭りでした。

2、電子の妖精プリムちゃんの、絶妙なMIX

そこで活躍してくれたのが、電子の妖精プリムちゃんです。
大人数のMIXは微調整がすごく大変です。
具体的に「ここを、どうしてほしい」というのが難しく、原因が特定できないからだと思います。

また大人数だと、音声を重ね合わせたときに、すぐに音声の最大まで上がってしまうので、コンプレッサなどで丁寧に修正します。

その前段階では、ノイズがあったりやタイミングがずれていても、さかのぼるのが大変なので、アニヴェルちゃんや、Ainyちゃんに細かくケアしていただきました。

プリムちゃんには、修正依頼を何度も出しました。
プリムちゃんは、「前奏のラララと1番サビ、2番サビあたりがおすすめ」と言っています。
調整大変だったと思います。ありがとうございます。

3、サビ部分は、(ほぼ)オリジナルの演出

懐中時計型VTuberのアニヴェルちゃんが、ソロの最後と決まってから、
ラストのサビは、「時間を止めて」をキーワードにしようと決めました。

サビ部分は、モデリング、空以外のテクスチャ、ライティング、カメラワーク、アニメーション、プログラミングすべてオリジナルの演出となっているのが見どころかと思います。あ、Unityのスタンダードアセットは使いました。

実はデビュー前から準備していました。
1年かかりましたが、ぜひ見ていただけたら嬉しいです。

 

図2、テストで作った演出を張ってみる

以下は反省点です。

  1. イズミがあまりに、他の企画に首を突っ込み過ぎて、スケジュールが回らなかったこと
  2. 動画編集ソフトAviUtil使用経験がゼロの状態で演出を担当し、右往左往したこと
  3. 定期的な進捗を怠ったこと

イズミがあまりに、他の企画に首を突っ込み過ぎて、スケジュールが回らなかったこと

サポートメンバーに、非はありません。遅れたのはあたしが原因です。

7月に提出を完了したところ、予定していた夏休みが取れなかったり、年始は活動らしい活動がほとんどできませんでした。
そもそもAviUilよりもUnityの方が扱いなれているので、Unityにちなんだ別の企画依頼があった時にはそちらに筆が進みました。

家族バレしそうになって、ツイッターに鍵をかけたこともあります。
(※現在は家族にオープンにしています。)

そういった積み重ねののちに、後回しがちだったことは本当で、
反省する必要があります。


動画編集ソフトAviUtil使用経験がゼロの状態で演出を担当し、右往左往したこと

前回の千本桜公開時に、インターネット上には、ネガティブな発言がありました。黒崎ななりちゃんは、気にしないように言っていましたが、
あたしはそれが悔しかった。

だから、なんとかして、提出された

2D画像のみんなを「動くように」したかった

です。でもそれにこだわるあまり進捗が大幅に遅れたと思っています。

あたしは演出の初心者で、AviUtilの経験がほとんどありませんでした。ネット上のAviUilの演出方法を試して、そのまま使い、サポートメンバーにNGをいただく、という状態が1カ月半くらい続きました。
AviUtilの使い方にはだいぶ慣れましたが、動くようにするために、すべての演出をUnityで行うことに変更しました。

Unityで動画作成はあまり聞かないですが、動画作成ツールとしてもおすすめできると思います。ゲーム作成で使う演出テクニックの一部を使えば済むからです。

定期的な進捗を怠ったこと

年始に差し掛かったころ、参加者の方にフォローいただきました。
(SNSのフォローではなく、進捗を確認されること)
そのあとも、進み具合を報告できなかったので、ご心配をかけたと思っています。


この度は、大変おくれまして、ごめんなさい。
反省を踏まえて、今後も活動を進めていきたいと思っています。
                       2019.09.05 月森イズミ


参加者募集中!

現在のメンバー数:882
現在のグループ数:7
現在の記事投稿数:426
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account