FANBOXにスーパーチャット……

Vに関わるようになると各種支払いにクレジットカードが求められることは珍しくなくなっています。ところが、年齢的にクレジットカードを作れなかったり、個人事業主で審査が大変など支払い方法が限られやすいのがV&クリエイター界隈でありがちな悩みだったりします。

しかし、実はクレジットカード代わりに使えるアプリが増えていて、「バーチャル化されたプリペイドカードで支払う」という選択肢もあったりするのです。

今回はバーチャル化されたプリペイドのお話をしていきます。

そもそもクレジットカード決済じゃなければいけない理由ってなに?

支払いがクレジットカード必須になっているプラットフォームはそれほど珍しくなく、それが理由で支払いができない人もいます。クレジットカード必須のプラットフォームが多い理由の一つが、決済の確実性が高く、処理が難しくないことです。

まぁ、会計上の理由とか色々あるのですが、あんまり支払い方法多いと処理が大変とかもあるあるでして。しかも、セキュリティに穴あったら困るからそれなら既存のシステム導入して手数料支払ってもクレジットカード決済にした方が楽なこともあるんですよね。

支払いのトラブルは営利企業にとっては致命的な問題につながりかねないので、クレカ決済にしているケースもあるんですよーという仕組みの話。

進むプリペイドカードのバーチャル化

まぁ、クレカ決済には決済が導入される理由があるわけですが、それで購入チャンスを逃がす人がいるのもポイントです。ネットショッピングが普及し、ライセンスもクレジットカード決済求められるのが多いのに、未成年はそもそもカード作れないとか結構なミスマッチなわけで。

そこで進んだのがプリペイドカードのバーチャル化です。

仕組み的にはプリペイドカードに先にお金をチャージして、VISAなどの国際的なクレジットカードブランドの決済システムを利用することで、クレジットカードの代用にしているのですが……

いちいちプラスチックのカード発行するのも面倒だしカード発行や送付のコストもかかるので……「じゃあ、デジタル化(バーチャル化)すればいいんじゃない?」でできたのがバーチャルプリペイドカードです。

スマホアプリで簡単に発行できるものが増えているのがポイントで、コンビニや銀行振り込みでチャージを行い、クレジットカードのように使えるのが特徴。

クレカもってなくてもクレカ決済ができる手段として注目されているのですよね。アプリで発行できるので、チャージさえすればすぐ使えるのも魅力。

番号さえあればネット決済はできるので。(リアル店舗で使う場合は別途カード発行したり一手間必要)

というわけで、一部を紹介。

VANDLE CARD (バンドルカード)

公式サイト

クレジットカードでも使い勝手が良いことで知られるVISAブランドを利用できるバーチャルプリペイドカード。

審査・年齢制限なし

アプリを入れれば誰でも利用できるのが特徴で、登録時にクレジットカードと同じ桁数の番号、有効期限、セキュリティーコードが発行されます。

コンビニ、ドコモ払い、ビットコイン、ATM、ネット銀行などチャージ方法が多く、ポチっとチャージといわれる後払いシステムもある。

ただし、ポチっとチャージは後払いの分「手数料負担が大きい」ので利用に注意が必要。

年会費や決済手数料は無料なので、ポチっとチャージを利用しない限りは自分のチャージした金額のみ使える。

Kyash (キャッシュ)

 
アプリで発行可能で、審査がないのは他のバーチャルプリペイドカードと同じ。
ブランドはVISA。

カードで送金できる機能があり、同じキャッシュユーザーであれば割り勘などにも利用できる。

電話番号をセキュリティに使うので電話番号は必須だが、利用分の2%が翌月に直接キャッシュバックされるなどバック率の高さと実用性の高さから人気になっている。

チャージ方法はコンビニか銀行ATM(ペイジー)を利用。セブン銀行のATMの場合はQRコードの読み取りと操作でチャージができる。なお、セブン銀行ATMからだと1000円単位のチャージが可能(他だと3000円~とか普通にある

WebMoneyプリペイドカード

公式サイト

ブランドはMastercardWebMoneyとして利用も可能なので、ゲームなどの支払いに使いやすい。

正直MastercardよりもVISAが使えるお店の方が多いので、バンドルカードやキャッシュの方が使い勝手が良かったり。

コンビニなどでチャージできるが、こっそり自遊空間でチャージできるというユニークな面もあったり。銀行からのチャージも可能。

おまけ・デビットカード

プリペイドカードと似た仕組みですが、銀行口座に紐付けられていて、残高の分だけ利用が可能なデビットカードというカードも存在します。

こちらはプリペイドカードのように先にチャージする必要がないものの、使いすぎると銀行口座が空になる点に注意。バーチャルプリペイドカードに抵抗があるとか、リアルのカードがほしい人はデビットカードにするのも方法。

なお、発行手数料がかかることがある上、年会費が必要なカードもある。

バーチャルプリペイドカードの中にも手数料を支払えばリアルカード(プラスチック製のカード)が発行できるものもあるので比較すると良いです。

 

終わりに

困ってそうな人を見かけたのでかるーく書きましたが、実はまだまだバーチャル発行が可能なプリペイドカードは存在します。

ポイントバックの仕組みやバック率がそれぞれ違ったりするので、興味がある人は調べて比較するのも良いですよ。


参加者募集中!

現在のメンバー数:891
現在のグループ数:7
現在の記事投稿数:448
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account