要望あったので、超ザックリ版で各種プラットフォームの客層まとめです。

まぁ、個人的に観測できる範囲なので主観が入ってる事はご了承のほどを。

詳しい解説は後日……書くかは不明です。

17(イチナナ)

公式サイト

2D→3D化のイベント、upd8との共同オーディションイベントなど、個人Vのチャンスに繋がるイベントが多いのが特徴。

リアルライバーが多く、若いユーザーが多いイメージがあるが実際はある程度年齢が高く経済力がある層が多く、子供や自分がかなえられなかった夢を託すような形でみていることも多かったり。

アプリにログインするとログインボーナスが貰えるため、理論上「ファンさえ多ければ課金をしなくても推しを食べさせられる」プラットフォーム。

視聴者でコメント欄を自治する文化があり、ファンを掴むと定期で宣伝を流してくれたりする。ただし、視聴者同士の会話が盛り上がることも珍しくないため、ルール作りは積極的に行う必要がある。

文化の違いを理解したうえでうまく適応できるかが大切。

Vの人口が増えているため全体的にイベントの競争率が高め。また、イベントによってはリアルライバーとの競合も発生します。独自にマイイベントを設定することも可能なため、戦うための選択肢は多め。

人の流れ:速め

課金率:高め

イベントの競争率:高め

SHOWROOM

公式サイト

DAMと提携しカラオケ音源が使えること、SHOWROOM発のVのオーディションイベントを開催するなど国産プラットフォームでも先進的な試みをしているのが特徴。

一定時間配信を見ることで無料ギフトを貰えるしくみになっていて、人の流れが速く、横のつながりが広がりやすいプラットフォームになっている。

無料ギフトが存在するため課金率はそれほど高くない。ただし、イベントで爆発する可能性を秘めたプラットフォームなので、表面上の情報で語れないことが多かったりもします。

また、課金しなくても推しを応援できることからファンの財布に優しいプラットフォームの一つと見ることもできます。

声優イベントや楽曲提供イベントはメジャーデビューに直結するため競争率は非常に高いため注意。ゆるイベなどもあるので住み分けをしたい。

独自イベント(目標)も設定できるものの、イベント被りができないので工夫が必要。また、バーチャルキャストと連携しているため3D配信に強い

人の流れ:速め

課金率:中くらい

イベントの競争率:中くらい

Colon:

公式サイト

元々は企業勢のみのプラットフォームだったが、個人Vの受け入れをはじめている。自前のカラオケ音源を確保しているため歌配信のハードルが低いこと、アーカイブ機能があるなどほかのプラットフォームにない特徴がある。

企業勢が中心で配信のクオリティを担保していたことから、ユーザーの課金率が高く、顧客単価も高いのが特徴。

一方で、イチナナやSHOWROOMのような顧客が積極的に配信を巡るシステムがなく、不定期でひらかれるイベントなどで補っている。

人の流れがそれほど早くないことをどれだけ武器にできるのかがポイント。

イベントはVのみの争いになるため競争率はまちまち。ただし、企業勢のガチのファンがくるため、個人でガチイベを勝ち残るのはまだまだ難しい状態。

それでも特別枠(歌イベは歌唱力などで生き残れる枠)などを確保しているあたり優しい方だったりする。

無料ギフトはColon:公式の番組を視聴して条件を満たすと抽選で貰えたりします。ちなみに、Vのファンしかこないプラットフォームのため比較的荒れにくいのも特徴。

人の流れ:遅め

課金率:高め

イベントの競争率:中くらい(内容による)

IRIAM

公式サイト

たすけて詳しい人!

現状追いきれていないのですが、Twitterなどで追える情報&少ない回数ですが視聴した情報でメモ程度に書いておきます。

かなり課金率が高く、独自の市場になっているようです。ゲーム配信が出来ない関係上、密なコミュニケーションを求める人向け。

課金はしなければならないわけではなく、無料で送れるスターの取得数が推しの力になることも(配信中ひたすらタップで複数のスターが送れる。月間ランキングなどは公式アカウントなどでも発表されている)

新人向けのイベントなどもあります。

ブラウザで見る事が出来ないことも独自色を強める要素の一つ。

ちなみに、配信のラグが非常に小さい=コメントに素早く反応すれば新規さんを逃すチャンスが減るのも魅力。(YouTubeは配信ラグがかなりあるので、コメントを拾う頃にはいなくなってるとか普通にありえます)

利用人口はブラウザ利用が可能なプラットフォームと比べると少なめ。

(情報提供があったためイベント競争率の情報を追加。競争率高めとのこと)

人の流れ:不明

課金率:高め

イベントの競争率:高め

REALITY

公式サイト

たすけて詳しい人!(2度目)

こちらもメモ書き程度に。簡単に3Dアバターを作れる、配信できるのが特徴。そのため、アバターを作って寝る前に視聴者と話しを初めてそのまま寝落ち配信になるようなケースも

公式配信は最新技術を利用した先進的なものになっていて、企業勢も参加している。バーチャルキャストの連携をいち早く発表したプラットフォームであり、3D勢に優しい

2Dアバターの持込みが難しい、ブラウザで見ることができないなどの特徴もあるため、どのように市場を開拓していくかに注目。ちなみに、視聴によって無料ポイントがもらえるプラットフォームで、一部アイテムはプレゼントするとそのままアバターに装着されるインタラクティブ性が特徴。

利用人口はブラウザ利用が可能なプラットフォームと比べると少なめ。

人の流れ:不明

課金率:不明

イベントの競争率:不明

 

※2019/7/4

ちょこっと情報を追加。


参加者募集中!

現在のメンバー数:857
現在のグループ数:6
現在の記事投稿数:399
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account