最近数字のことを結構話していたので、じゃあ、趣味としてVを続けるとしたらどうやればモチベーションを保てるのかというお話でもしていこうかと。

「やりたいことやればいいじゃん!」

全くそのとおりなのですが、ポイントになってくるのがやっている内に欲が生まれたり目標がかわったりするのも人間の心理ということ。

まぁ、そのあたりが段々すり替わって悩む人も多いのでゆるゆる解説していこうかと。

趣味で楽しむなら数字は気にしなくて良い?

はい。趣味で楽しむなら数字は全く気にしなくても大丈夫です。

「V業界がー」

「底辺がー」

とか言われても

知らねぇ

で全く問題ないです。さくさくミュートとか利用して無視していきましょう。

趣味でやりたくてやっているのが重要なので、業界の流れなんかスルーでいいです。

誰であってもなれる、動画の投稿ができる、配信もできるのVtuberの長所です。

どうしてもVのクオリティにこだわりたいのであれば業界団体作って認定マーク作るとか工夫すればいいのですよ。ただし、それでも「やりたい」という人を止める手段は存在しないので、やったもの勝ちになるでしょうね。

民間資格作ったら資格ビジネスになっちゃって団体自体が瓦解するようなケースもあるので無視でいいです。

文句つけてくる人は大体自分が気に入らないことに適当にそれっぽい言い訳くっつけてるだけなので、相手するだけ無駄と認識するのがおすすめです。

趣味で始めたはずなのに数字で悩む人が増える理由は?

まぁ、やりたいことだけやればいいというのは趣味として続けるポイントになってくるのですが、Vとして逃れられないのが「他人への発信を前提にしている」ことだったりします。

動画にせよ配信にせよ、他人が見てくれないとコンテンツとして成立しないのですよね。

と、なると、わかりやすく反応を追えるのって数字になっちゃうんですよ。

動画投稿したり、配信してもコメントゼロ……ってなってくると、趣味でやっていても手ごたえが返ってこない=なぜやっているのかわからなくなることがあるのが人間です。

結果として他人の反応をうかがう方向に行動が変化していく→数字に追い詰められていく&他人の言葉に敏感になりすぎるケースが多くなるわけです。

ファンチの言葉の影響受けやすくなるのも、活動をして手ごたえを得ることが難しく、精神的に不安定になりやすくなるからなのですよね。

個人的に見てる範囲だと、行動指針を明確にするとか、配信や動画投稿の前にTwitterで味方(ファン)獲得するとかしてる人は安定して反応を得られるので長く続く傾向がありますね。

また、反応が薄い時も「どこが良くてどこが悪かったのか」チェックして改善し、よりクオリティを高く、視聴者を楽しませる方向にシフトしていく人も多いです。活動指針がないと他人の意見に流されやすくなるので芯になる部分はあった方が強いですね。

反応が欲しくなるのは特に悪いことではない

注意して欲しいのは、反応が欲しい、数字が欲しいということは決して悪いことではないということです。

というのも、他人から良い反応を引き出したりするために工夫を重ねたりするのってコミュニケーションを育てる基礎になるからです。

「こういう動画作りました!」「配信でお話しましょう」ってまず自分で提示して、反応を見ながら工夫を重ねるってそのままVと視聴者のキャッチボールなんですよね。

最初は視聴者が見えない状態から始まることも珍しくないので、まず作品を投げてそちらの方向に人がいるかをチェックし、反応がなければボールの種類変えたり、方向性かえるとかすればいいのです。

反応があったらそれを元に何をすればいいかを考えて、また作品を作ればいい。

で、「自分これに自信があるからわかるやつが来るまで投げ続ける」とか選択の自由があるのもポイント。

その中で自分が楽しいバランスが取れる場所を探ったり、割に合わないと思ったらやめるなり自由にすればいいのです。

疲れたら止めてもいいし、休止して好きな時に戻ってもいい。

だって、趣味なんですから。

~しなければならない」って思った時点で精神的な余裕がなくなっている可能性高くなるので、意識的に休んで回復させるとかプライベートの事情片付けることを優先するとかバランスとるのも大切ですよ。

一番大事なのは自分、自分を生かすために趣味を満喫するか考えるってのが順番ですからね。

辛くならないために戦略を練ったり転生したりするのも方法

趣味の場合は全く数字を考えずに初めてもいいのですが、一方で

「初配信して視聴者ゼロ、コメントゼロだったら心が折れる……」

なんて思うのであれば事前に戦略を練るのも方法です。

例えば、Twitterのフォロワーが数百人単位で、ゲリラではなくしっかりと告知してからライブ配信をすれば視聴者ゼロという自体はほぼ防げます

行き当たりばったりだと事故が起きる可能性もあるので、事前に配信テストをして

ゲリラで配信テストをしたらどれくらいの反応があるのか」

「配信テストも予告すると人が集まるのか

「実際に配信始まったときにコメントが拾えるのか

とか、事前の情報収集して一歩一歩進めばダメージは減ります。

なんなら、「無料でアバター作れるアプリなどで反応を見て、自分のトーク力や視聴者の反応をチェックしてから2Dオリジナルアバターに転生する」とかもできますしね。

初回でやらかしたらリセット感覚で転生する」

「人気でたらそのまま続ける」

とか選択肢が多いのが初心者の利点でもあります。

経験積んじゃうと未練などもでてきて転生が難しくなるので。

失敗でメンタルやられるくらいならさくさく転生しちゃってもいいんですよね。

だって趣味だもの。

今人気になっているVの中には元々役者志望で養成所通ってたとか、プロのイラストレーターとか、何らかの人生経験を持ち込んでる人が珍しくないので、転生前提で経験値取得して、無双を目指す方向だってありえるのです。

転生は悪?

言ってるのは他人でしょ?

究極的にエゴを追及していくのも趣味のあり方の一つであり、表現の手法の一つです。

他人のために自由を捨てるくらいなら、自分が好きなように生きてみても良いのでは?

コミュニケーションってエゴのぶつけ合いに生ることも珍しくないのですが、縁を切ったりもできるのがポイントです。

それを実際に試せるのもVの利点です。

業界的に悪い習慣になるとか以前に、「経験積むまで続けられる人がいないとどうしようもない」のが世の中なので好きにやってみればいいんですよ。

転生が嫌なら活動の内容考えたりこだわっても良いわけで、初手からがんじがらめになっちゃうと活動自体が苦しくなるので他人の道理に付き合わなくていいです。休止するのも自由ですし、他人に相談して知恵借りてもいい。

なので、基本的に他人に何か言われても

うるせぇ! 知らねぇ!

でOKなのです。ただ、転生できること前提に悪いことしても悪評は残るのでその点だけ注意してくださいね。転生しても捨てられないものはありますので。

ファンとの向き合い方も少しずつ学んでいくものなのでそのあたりも勉強ですね。

自由にやるのが一番?

趣味でやってても数字が気になるようなことになれば、たまに数字を気にして工夫を重ねるのも、それを完全に無視するのも自分の自由です。

試してみて「人気になりたい」という欲求が強いことがわかったら、立ち止まって戦略練り直してもいいのです。だって、自分の人生ですから。

口出ししてくる人間は表現の自由を侵害する人間で、基本的な人権とか理解していないケース多いですし。

言いたいこと言うだけの人間はただの失礼な人ということは多いですからね。

ただし、自由にやるということは、その結果を受け止める必要があるということでもあります。

数字がでないのも、人望が得られないのも自己責任です。

表現や主義、思想に関しては「うるせぇ、知らねぇ」で済んでも、他人を誹謗中傷したり、傷つけたりして良いわけではないですしね。

まぁ、人の許容量を学んだり、自分の価値観と社会とのギャップを知っていくのも勉強なので、若いうちにVで色々試してもいいんじゃない? というのが「現場見守る大人」の考えだったりするわけですが。

人生Vが全てではないですし、逆にVに人生をかけることもできるのが面白さなので色々やってみるといいですよーということで。


参加者募集中!

現在のメンバー数:857
現在のグループ数:6
現在の記事投稿数:399
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account