烏丸さきさんの動画を取り上げたらまた記事を書くことになりました。何を言っているか(略)

お約束はおいといて、影響のある範囲とない範囲、業界の抱える課題について説明していきますね。

新人Vが伸びにくくなっている問題

動画のターゲット層は一部であるのがポイント

新人VTuberの伸び悩みが史上最大にヤバすぎる

はい。そういうわけで烏丸さきさんの動画です。

バーチャルYouTuberランキングのデータを元にいかに新人が伸びにくくなっているかという内容にプラスし、状況を打開するアイディアを求めるないようになっています。

注意したいのは、烏丸さきさんが数字が伸びないことを深刻視する理由は全てのVに当てはまるとは限らない点です。

烏丸さきさんは「Vtuberの市場や産業」の成長のために企業Vを含めた投資が行われ、経済が循環することを理想としています。そのためには数字が伸びた方がわかりやすく、企業からの投資が呼び込みやすい状態になるからです。

実際に産業などとしてみた場合は数字が伸びるというのは大切ですからね。数字が伸びていれば企業Vのオーディションが増えたり、V向けの各種サービスの開発などが加速します。

ただし、「Vtuberは趣味で数字をとることは目指していない」人には余り影響のない話だったりもします。そもそも商売にする気がない人もいますからね。

まず、動画が特定層をターゲットにしたものであり、「全てのVをターゲットにしたものではない」ことに注意が必要です。

烏丸さきさんの動画見る時点である程度業界に関心が強い人に絞られちゃうんですけどね。

何で動画内で説明しないの?

いや、いちいち動画で説明しても間延びしちゃうので……

優先度の低い情報だから省いたのではないかなーと。全てのVの層に刺さるための動画作ろうとするといくら手間かけてもおいつかなくなるので、視聴者層の「理解力」等にゆだねる部分って大切ですからね。

尺の都合でカットされる部分はあるのです(ということで、解説をしてたりする)

新人が伸びにくい理由の一つは他のプラットフォームが使いやすいから

新人が伸びにくい理由の一つに戻ってしまうと、他のプラットフォームの方が使いやすいからというのもあります。

YouTube以外では活動していない人がいる一方で、新人でありながら専業Vになれる勢いで数字をたたき出す人がいたりとYouTube以外のプラットフォームはかなり盛り上がっているからです。

最もわかりやすいのは検索などのシステムです。

YouTubeは『#Vtuber』などのタグをたどるか、知っている情報を検索窓に打ち込んでVを探すことが多くなります。Vをみていることでおすすめが出てくることもありますが、おすすめに出やすいのは新人ではなく企業などの大手が中心になります。

再生時間や登録人数などの影響を受けておすすめが変化する仕組みなので、YouTubeの検索システム自体がVの新人探しに優しくない仕様になっているのですよね。

なので、Twitterがメインの広告ツールになったりするわけです。

で、他のプラットフォームがどうなっているかというと、『新人スタートダッシュイベント』『V限定のTOPバナー争奪のイベント』などの各種イベントとか、『Vライバー専用の枠』『ジャンルの区分にバーチャル枠』があるなど、Vを見つけやすい仕組みになっておりまして……

Vであるだけでも結構目立つんですよね……

そんなわけで、新規の視聴者の流入が見込みづらいYouTubeよりも別のプラットフォームをホームに設定し、ある程度安定してからYouTubeの併用も始めるなど使い分けする新人も増えているわけです。

また、各プラットフォームで「YouTubeではなく自社プラットフォームの活動に専念できるV」を用意することも珍しくなくなっていてですね……

YouTubeのチャンネル作れるようになる頃には新人脱してるとかも結構増えてたりします。チャンネル作っても活動しない人いたりするので、そのあたりは差し引きで考える必要がありますね。

YouTubeに課題があるのは事実

使いわけされているなら全く問題がないのかといえば……

YouTube専門、たとえば動画投稿中心の新人Vとかが注目を集めにくいなどの問題は残っていまして……

有能な新人を確保したいのであれば何かしら手を打った方が良いのは確かだったり。

また、YouTubeだけでVの実体を把握しづらくなっているということは企業に出資を促す営業をする時に「YouTube以外のプラットフォーム事情を把握して資料を作ってプレゼンする必要があり、手間やコストがかかるようになっている」……ということでもあったりします。

かといってYouTubeがVのためにさまざまな企画を立てることは余り想定できないので、じゃあ、誰が新人発掘のための何かをするのかという話になるのですよね。

自然淘汰を待つよりも動いた方が得になることは多いわけで、良い方向に向かわせたいなら何かありませんかーということになり、アイディア募集に繋がると。

新人賞でもつくりましょうか?

こういう「業界を育てよう」となったときに参考になるのが、他の業界の「新人育成の取り組み」などをチェックすることです。

わかりやすいのが「新人賞」ですね。企業が動画などを募集して、新人賞受賞者を企業の公式パートナーなどとして広告に利用する、賞金を出す、コネクションから有名Vとのコラボ権を用意するなどさまざまな内容が考えられます。

別に性を作るのは企業に限られた話ではなく、非営利の団体などでも取り組みでも可能です。

最近だと、150名余りの参加者を集めたVミス・ミスターコンテストは非営利の団体(おもちゃLABO)に運営されています。優勝賞品は「あなたのキャラクターのPV or 主人公のブラウザゲームを作成・掲載」とかなり太っ腹です。

新人Vが目立ちにくいのであれば新人Vが主役のイベントを作ったりして参加を促せばわかりやすいででしょうか。

記事化やTwitterによる宣伝企画などもできるので、後はどこからどんなアイディアを拾ってくるかが課題ですね。

なにか思いついたら烏丸さきさんのTwitterにDMするなど、実現力のある方に相談していただければーと。私は私で動きますが、手が回りきっていないので反応は薄めになるかと思います。

(あ、新人紹介の記事は近いうちに書きますよ)

ということで、小ネタてきな解説記事でした~


参加者募集中!

現在のメンバー数:882
現在のグループ数:7
現在の記事投稿数:427
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account