「Vtuberは人気って感じてはじめたけど全然伸びない!」という話はよく聞くわけですが、それに対するアンサー動画も投稿されている状態です。

じゃあ、そのアンサー動画みて数字が伸びるか……というと、意外と動画に含まれない内容で損してる人が多いなぁと感じるライターがいたりします。

割と【企業V】でも出来ていなかったりすることもあるので、ちょっとした小技も含めてまとめてみますね。

Twitterの名前そのものが宣伝になる

https://twitter.com/monokavtuber/status/1134372993545543686

モノカ  VTuber準備中さん ←画像が表示されない場合はこちら。

(名前に「準備中」が入っているのでとてもわかりやすい)

はい。割とというか、意外と見落としが多いポイントがこれです。

Twitterを利用しているVは多いわけですが、「Twitterの名前」は一番目に付く宣伝ツールです。だって、有名Vにリプをつければ、通常の数倍RTなどをもらえれば数十倍、数百倍のインプレッションを稼げる可能性があるから。

フォロワーが少なくても有名Vのリプなどをつければ一定割合でファンやフォロワーがみてくれるので、名前に「Vtuber」「新人Vtuber」「(直近で宣伝したい)イベント名と日付」が入っていれば印象に残るんですよね。

逆に言えば、名前に「Vtuber」って入っていなければ、アニメや漫画などのキャラクターなのかVtuberなのかも第三者からはわからないんですよね。

「新人Vtuber」って入れておけば、新人チェッカーの人に刺さりますし、イベント参加などの情報があればそちらの宣伝になります。

Twitterの名前は一番わかりやすく、他人のリプでも「反発を得ずに」使える宣伝媒体なのです。ただ、否定的なコメント残しちゃうとネガティブな印象残しやすいので、他人を褒めるスタンスで動くとプラスになりやすいです。

Twitterの名前に「○月デビュー」と加えて、同期のVに刺さるようにしたり(Vtuberとかかなくても何かでデビューしたことはわかる)、「○○系Vtuber」としてターゲット層を絞っていくのもおすすめ。

Twitterのプロフィールのリンクは重要

https://twitter.com/ashihara_yomi/status/1090252629198786562

葦原ヨミさんの場合。プロフィールのリンクはYouTube。
プロフィール本文に17(イチナナ)認証ライバーと掛かれているなどバランス型の構成。

名前と同じく、Twitterのプロフィールのリンクは重要です。

理由は単純「最も重視しているリンクが何なのか」がわかるから。

プロフィールのリンクは一つだけ自由に入れられる枠があるので、「絶対に短縮URLでいれない」ことが大切です。短縮にしてしまうとYouTubeなのか、自分のHPなのかその他のプラットフォームなのかがわからなくなります。

YouTube以外のプラットフォームのURLでもいいのですが、URLによっては「Vtuber(Vライバー)」として活動していることがわからなくなります

イラストレーターなどの仕事をしている人ならともかく、主要なプラットフォームがわからないのはVにとっては大きなハンデです。

プロフィールの文章部分に短縮URLを入れるのと、URLを個別に入れられる部分で短縮URLを入れるのは意味合いが異なります。

Twitterの名前にVtuberと入れれないのであればプロフィールに「Vtuber(Vライバー)の文字を入れる」のも大切です。検索のヒット率が変わります。

「見てわかる」「検索にひっかかかる」内容にするのはとても大切で、優先のリンクからYouTubeを外すと新人チェック勢のチェックから漏れる可能性が高まります。

固定ツイートは宣伝したいこと+画像添付

https://twitter.com/shuten_right/status/1104959143348101120

酒呑らい さんのTOPツイート。タグやイラスト、主要なリンクがまとまってます。

固定ツイートのあるあるが、画像添付を忘れることです。ビジュアルが何かといえば、イラストなどが目立つかどうかです。一番多いのが、固定ツイートに画像を張り忘れた結果、「マシュマロ」が目立つという状況です。

固定ツイートは一番人目につくツイートなわけですが、マシュマロ目立つ人のツイートをRTしようと思うかというと……微妙です

自分のイラスト、モデルがある場合はそちらを必ず張り付けるようにしましょう。

特にに新人は「プロフィールに飛んで見てくれる人ばかりではなく、RTで回るだけ」の方が割合としては多くなります。

逆に「モデルやイラストの出来がよければそれだけでRTされる確立が高くなる」のがママの偉大さでもあります。企画でもクオリティの高いイラストもらえたなら積極的に組み込みましょう。

イラストを書ける、予算がないから自分のイラストでVをする=自分の能力を試すor自分のブランドを確立するorより広く宣伝するチャレンジ

です。予算や労力をケチるとその後の伸び代に影響を与えます。センスない人は他人に頼んだ方が早いです。

なお、私は絵を描くセンスが壊滅的なので、費用対効果的にも依頼しないと芽が出ないレベルだったりします。自覚があるので稼いで依頼料支払った方が早いですし、推しが喜んでくれるので万々歳。

画伯コラボならお待ちしております(マテ)

あと、新人は#vtuberはじめました #新人vtuber #Vtuberはじめました などのタグを忘れないようにしましょう。タグつけても伸びない場合は宣伝不足やコンテンツ不足などが多いので、数字を伸ばしたいならなにが不足しているのか、伸びている人がどんなことをしているかチェックするのがおすすめです。

#Vtuber準備中 #Vtuber好きさんと繋がりたい #Vtuber などのタグもあるのでうまく使っていきましょう。

YouTubeのリンクを整えよう

YouTubeのチャンネルに各種リンクがうまく張れていないVが多い件

個人Vだけではなく企業Vにも意外に多くて、リピーターを逃す可能性が大幅に上がっていたり。というのも、リンクが簡単にクリックできないと、数割単位で「Twitterや他のプラットフォームへの誘導」が機能しなくなるから。

概要などに掻いておけばいいかというとそうでもなく、アクセスルートが多様な分、「リンクを置いておかないと損をする」という状態になっているのですよね。

具体的にはこちら。

はい。私のチャンネルですが、赤枠に各種リンクがあるのがわかるかと思います。モバイル中心の人は意識しないのですが、PCを利用している人は結構気になる部分です。

というのも、YouTubeへのモバイル(スマホ)のアクセスの割合はかなり高くなっているもののPCのアクセスも普通に数割あることが多いから。

気になる人は

YouTubeStudio(ベータ版)ログイン⇒アナリティクス⇒視聴者へのリーチ⇒トラフィックソースの種類の詳細⇒その他⇒デバイスのタイプ

で詳細を見ることができます。アナリティクスは視聴者層を分析する上で必須のツールになっているので知っておいた方がよいです。

まぁ、チャンネルにアクセスして、TOPをみてくれるひとが数割として、PC(ブラウザ)で閲覧する数割のアクセスをTwitterや各種SNSや主要プラットフォームへの誘導し損ねたらチャンスも減ります……という話に。

動画見る人の何割かはYouTubeのチャンネルのTOP見ますし、その何割かはPCなどのブラウザ利用者。リンクが見えてたら即クリックもありますが、チャンネルの概要とんでリンクを見てコピペでアクセスまでいくと零細Vではほぼゼロに近いレベルまでアクセスが減ります。

というわけで、チャンスを逃さないための設定方法。

PC、またはスマホのブラウザのPC版サイトでYouTubeにアクセス(アプリは機能が制限されるのでブラウザのPC版サイトであることが重要)

自分のアカウントを選択し、ログイン

チャンネルをカスタマイズを選択

画面右上をクリックorタップで出てくるペンマークを選択

リンクを編集

画面を下にスクロールし、追加したいリンクのURLを入力(コピペでOK)

追加後に完了を選択

以上!

リンクと同様にチャンネルアートも整えるのがおすすめです。YouTubeのチャンネルアートと各種リンクは「家の玄関」と同じなので、しっかり整っていないと「お邪魔していいのかな?」と疑われる可能性があります。

アイコン描ける方、イラストレーターの方は大体依頼すれば(見積もり必要ですが)描いてくれます。駈け出しのイラストレーターの場合は3千円~という相場になっているので、ちょっと上乗せするくらいの感覚で見積もりとってもらって依頼するのがおすすすめ。

何故上乗せする気持ちで見積もり依頼するかって? 気持ちよく仕事ができたイラストレーターは積極的に宣伝に協力してくれることが多いからです。

お互いリスペクトして宣伝した方がプラスになるのでおすすめです。

なお、私のチャンネルアートは「推しのチャンネルが好きだから推しのVに頼みたい」で特注しています。特注したときのレポート的な記事がこちらです。

実はまだまだあったりする

とまぁ、ありがちなつけ忘れとかをまとめてみたわけですが、実はまだまだあったりします。YouTubeの【チャンネルをカスタマイズ】に飛ぶとわかるのですが、チャンネル登録者向け、新規訪問者向けに情報を分けたり、セクションを追加してお気に入りの動画(他人の動画も可!)を人目につくようにしたり、自分の動画でも自信があるものをTOPにしたり色々出来ます。

自己紹介などの短めの動画や、おすすめ配信アーカイブを『コンテンツをおすすめ』に追加するのも大切です。再生数に直接影響します。

自分の配信アーカイブをただそのまま追加されるだけにしておくと、「手入れがされていない」状況に見えるのもポイントです。

自分以外のコンテンツやチャンネルの宣伝に利用できる他、再生リストでコラボなどの他のVの宣伝に積極的にスペースを使うVもいます。

伸び悩んでる人ほど見落としが増えがちなので、たまにチャンネルやSNSのTOPを見直してくださいね~。

追記

締め切り後ですが、お手本のような情報がよせられたのでこちらもどうぞ。

https://twitter.com/0tome0to/status/1136803102630088704
乙女おとさんのツイート

添付画像の枚数でレイアウトが変わることを考慮し、配置に気を配りつつ上手に情報がまとめられています。

お手本になるレベルですね。


参加者募集中!

現在のメンバー数:867
現在のグループ数:7
現在の記事投稿数:413
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Log in with your credentials

or    

Forgot your details?

Create Account