あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。本年もiVTをよろしくお願いします。

正月早々ではありますが、Vの者にも関わる数字の話がでているので暇つぶし的な読み物を兼ねてお金の話でもしようかと。

まぁ、今回はシビアな話ではなくゆるくお知らせ的な内容が中心なので流していただいても大丈夫ですよーということで。

FANBOXのキャンペーン終了 手数料が5%→10%に

FANBOXの手数料に関する大切なお知らせ

https://www.pixiv.net/fanbox/creator/20390859/post/230227

12月17日にFANBOXの公式でお知らせがあったとおり、手数料5%のキャンペーンが終了になり、2019年1月1日手数料が10%になります。

これにより、月額支援系のサービスではキャンペーン継続中のFantia4%が突出して手数料が安いサービスに躍り出ることになります。

次いで新興サービスのFantasficが手数料10%~5%が手数料が安い。(Fantasficは招待人数に応じて手数料が割引されるシステムを採用)

Fantiaの従来の手数料は10.8%のため、どの段階でキャンペーンを終了させるかにも注目です。

一応、 Fantasficが気になる方用に招待コードは張っておきますので、気になる方はどうぞ。 登録と記事投稿で相互に1%の手数料割引がうけられます。(招待コードから登録すれば手数料9%からのスタート。1名招待で条件を満たすたびに1%の割引が追加)

招待コード

Skeb コミッション体験キャンペーン開催

Skeb

https://skeb.jp/

短文でクリエイターにイラストを依頼できるサービス、Skebでコミッション体験キャンペーンが開始されました。

Skebはリテイク無し、著作権はクリエイターに帰属するというクリエイター有利な条件でイラストを注文できるのが特徴です。プロのイラストレーターも複数登録していて、【過去にPixivなどでみたイラストの全身像が見てみたい】などの注文でイラストが描かれています。

クリエイター有利すぎて価格が読み辛いなど課題がありましたが、平均受注額などを表示することで改善を目指すなど、発展途中のプラットフォームでもあります。

標準手数料13.6%が1月1日より1月6日受注分まで3.6%になっていて、期間限定とはいえPixivが運営するBOOTH並みの手数料設定になっているのが特徴。

納品ではなく受注分になるため、契約さえすれば納期はあとでもOKなのがポイント。気軽に書ける範囲の受注のみ受けるなど、使い方で絵師の収益源の一部になりそうです。

本格的なコミッションを行う場合は別のプラットフォームを利用するなど工夫をすれば、未払いなどのリスクを避けつつ収益化が目指せます。

ちなみに、 #Skeb でツイッター上でつぶやくことで、希望の機能の実装などが行われるかもしれません。理由をつけた方がプラスになる可能性もあるので詳しくは「コミッション体験キャンペーン」のページ確認を。

一部で話題になったVtuberの引退率・休止率の話

12月27日のMograVRのイベントから、【Vtuber6100人のうちアクティブに動いているのは2900名ほど】という情報が流れはじめました。

アクティブに活動しているVtuberは47.5%という厳しい数字で……という情報が独り歩きしているような印象があるので一言。

「ギターを始めるつもりで買っても、弾かずに満足してしまう人って意外と多くないですか?」

日記でも何でも始めるのは簡単で継続するのは難しいです。

創作ジャンルで言えば、描きかけのイラストやマンガや小説、詞や曲を完成させずに放置した経験がある人も珍しくないのでは? なんなら、勉強用の書籍や遊ぶためのゲームが積まれている……でもいいですが。

むしろアクティブに動いている人が47.5%もいるなら凄いと思いますし、コミュニケーションで成立するVtuberならではの継続率なんじゃないかなぁと思っております。

異論、反論は自由ですが、マイナスに考えすぎると楽しいこと減っちゃうのでおすすめしないです。

後は、VtuberになりたくてVtuberになった人はなった時点で目標を達成しちゃうので次の目標設定が大変……なんて話もありますけどね。

ちなみに、数字の面から切り込んで分析しているのが夜枕ギリーさんで、企業勢を除いた数字がどんな感じになるかといった情報まで公開されています。

なお、実際ずっと個人勢を追い続けていて引退や休止した人の情報もチェックしている人間としては、

「リアル交通事故にあってしまって復帰できる目途がつかない」

「家族で作業を分担していたが家族の仕事の関係で続けることが難しくなった」

「初めてみたらイメージと違ってた」

「Vカツに一目ぼれして別のVの者として転生した」

「親バレした。マジ無理」

など、いろんな理由を目にしていたり。

うん、リアル人生も、V人生も色々。チャレンジしてこそ学びがあるので、引退しても人生豊かになるならプラスですし、気が変わったら復帰してもいいんじゃないとのんびり見ています。

自由にはじめて、自由に辞められる、転生も何もかも本人の意思次第というのが豊かな文化のあり方でもあるので、責任のもてる範囲でやりたいようにやるのがいいかと。

他人の責任まで背負うことはないのでまず自分優先でどうぞ~。

それでも数字が気になる人向けの情報

VTuber Postさんの記事ですが、中の人であるダークネスさんがVtuberを伸ばすための委員会を立ち上げるそうです。

どこまでのプロジェクトになるかは不明ですが、ノウハウを共有できる場が増えるのは歓迎ですね。情報発信のルートが増えればそれだけ困る人も減りそうですし。

個人的な情報発信は行いますが、メディアと手を組むことでできることも増えると考えています。

また、Vtuber同士の仲間がほしい場合や情報交換をしたい場合はiVTのDiscordサーバーもよろしくお願いいたします。視聴者含めて誰でも参加可能ですし、収益化を目指すための専門チャンネルなどもあるので緩めの話もお金の話もどちらもできます。

あたためている企画も結構ありますので、楽しみにしてくださいねー。切羽詰っている方は相談にも乗りますので、TwitterのDMなど色々お声掛けください。


参加者募集中!

現在のメンバー数:800
現在のグループ数:6
現在の記事投稿数:335
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account