どうもshinoyoです。

indiVTuberのサイトでこの記事を書いているので、本来ならVTuber関連の記事を書くべきだとは思っているんですが、正直二番煎じになりそうなので、あえて微妙に外した記事を書いてます。

さて今回はタイトル通り、そのままの内容を書いていこうと思います。

真似事から始まる

どんなコンテンツも大抵は真似です。そう思わなくてもこの記事ではそれを前提として書きます。

学校の授業、例えば数学など習っていたものは数学者が編み出した数式を用いて解きます。習うのも真似です。先駆者がいるわけですから。

イラストでもまずは人の絵を見て学ぶことが多いです。線画や塗りなど見様見真似することが多いです。

独自でやっている人がいるという人もいますが、その人達はもはや誰もやっていないことに手を出しているか、情報がなく独自でやる他なかった人です。

むしろ真似ることができるというのは楽ができるも同然です。答えが出ているようなものですから。

真似は悪いことではありません。どんどんやりましょう。

パクリコンテンツはよろしくない

真似るのと丸パクリは話が違います。

自ら似たようなものを作り出す過程が大事なわけで、全く同じものを作ってしまっては意味がありません。全部コピーしてペーストするだけなら仕組みを理解することは出来ません。

また著作権等の侵害で法律的にもアウトです。

やれることをやる とはどういうことか

あなたが天才でない限り、最初からいろいろなことができるわけではないです。むしろ出来ないことのほうが多いと思います。

いろいろ焦ってプロと同じことを真似ようとしても多分不可能でしょう。真似できるレベルまで鍛え上げる必要があります。

まず己を知ることから始めてください。あれができる、これが好き、どれが得意といったようなことです。

そこから自分のレベルよりちょっと高めのことや、やったことのないことに手を出したりやっていくと自然にレベルを上げられると思います。

行き詰まったらアプローチ方法を変えてみたり、一回別のことに手を出してみるのも良いかもしれません。

オリジナリティが生まれるのは一体いつ

具体的な時間はわかりません。

もしかしたら一生生まれない可能性があるかもしれません。

そもそもオリジナリティとはどのように生まれてるのか、私はオリジナリティとはその人の癖なのではないかと考えています。癖はコンテンツを作れば作るほど出てきます。ある程度のワンパターン化がなされるからです。

それを人々がフィーリングでオリジナリティだと判断するのです。

努力でオリジナリティは生まれるのです。

まとめ

やれることやれ、とにかく数を作れ。オリジナリティはそこから生まれる。

以上です。


参加者募集中!

現在のメンバー数:800
現在のグループ数:6
現在の記事投稿数:335
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account