翠瞳悠麗の朧月(すいどうゆうりのおぼろつき)、プログラミング好きVTuberの月森イズミです。

本日、マッハ新書をライブ配信してみました。

動機

動機は以下の通りです。

  • マッハ新書を一度執筆してみたかった
  • 自動筆記が割と好き
  • 自動筆記であれば、ライブ配信は可能
  • Unity Assetに使う活動資金が欲しかった

自動筆記について

フィネガンズ・ウェイクという小説を知っていますか?

世間では難解小説と呼ばれる、要するにドグラマグラ的な、理解不能の小説です。

ネットにはあまり書かれていませんが、

著者のジェイムスジョイスは自動筆記と呼ばれる手法を用いる方です。

 

自動筆記とは、思考の力に頼らずに、思いついたことを並べて文章にするものです。

意味なんて求めません。テンポと雰囲気が大事なのだと思いました。

 

自動筆記の利点

  • 意味を求めないので、誤字脱字等の構成が最小限
  • 同様に、ノウハウや購入前に秘匿とする内容は特にないので、ライブ配信可能

ということが挙げられます。

自動筆記の欠点

  • 理解されない
  • 共感されない
  • よっぽどのことがないと、評価されることは少ない

使ったもの

  • ライブ配信一式
  • 掲載用サムネ(ツイッター告知やサムネに使用)
  • ペンタブ(挿絵に)
  • エディタは複数あった方がよい(登場人物や状況のメモのため)

スケジュール>実際

06:00~07:00:執筆>06:00~07:00

休憩

08:30~11:00:執筆>08:30~11:00

休憩

12:00~13:00:執筆>12:00~13:00

13:00~15:00:挿絵書き>13:20~14:30

15:00~17:00:構成>14:45~16:30

17:00~18:00:登録>16:45~18:10(加筆含む)

 

当日:

朝05:30に起床 配信準備をする。

06:00に配信開始。

 

とりあえず、自動筆記で、思うがままに、めちゃくちゃに書いてみました。

もう不満やら、いつものおはツイやら、厨二病哲学などです。

 

90分で1800文字。視聴者さんとの雑談も踏まえ、出勤前の方も見てくださり、筆は進みました。

家族を送り出すために、一旦07:00で中止します。

雑談しながらでも、手を動かすのはとても大変でした。
歌を歌ってみましたが、それも妨げになるので中止しました。

 

本当は、12時間通して配信したかったのですが、

超低遅延モードによるオーバーフローが発生しそうで、

youtubeの設定を変更したかったので、配信は切りました。

 

08:30 方針が変わる

きっかけは初見さんのひとことで、

「ルイスキャロルのようなナンセンス文学ですか?」

 

ナンセンス文学というのは、あたしは知らなかったのですが、

おっしゃっていることは、あたしの執筆しているようなことでした。

あたし自身、ルイスキャロルが好きなので、

この瞬間から、「不思議の国のアリス」のような物語に向かっていきました。

(ただ、この方がのちに言うには、萎えていた、そうです)

この時点で、6000文字

 

お昼の時間に、配信を合わせるため、早めの休憩を取りましたが、

この時間は、フォロワーさんへのリプやお友達の活動の支援などをして、

昼食は取れませんでした。

 

12:00 とりあえず執筆完了

お昼までに、常連視聴者さんも多く来ていただき、

それぞれコメントいただいたアイデアをもとに物語は進んでいきました。

 

誤字脱字は、それで面白いからOK

こんな設定欲しい、などです。

この時点で8000文字になりました。

 

閉じるのが早かったように思いましたが、一旦話を13:00で完成させました。

疲労を感じたので、20分の休憩をはさみました。

 

13:20 挿絵書き

ペンタブレットで書きたかったのですが、

日ごろあまり使っていないので、ソフトの使い方に手間どいました。

全部で300行でしたが、50行に一つ、挿絵を入れることにしました。

 

ここでも、視聴者さんに褒めてもらうことで続けられたと思います。

予定より早めに挿絵書きが終わり、疲れも出てきたので、14:30に休憩しました。

 

14:45 構成

構成には、macのpagesを使いました。このソフトはEPUBで書き出せるからです。

休憩時間中にmacの画面共有を済ませました。

 

誤字脱字を気にしない構成は、主に挿絵の挿入と、キャプションの設定でした。

構成中に、内容の不十分性を感じたので、構成は早めに切り上げ、加筆を行うことにしました。

 

16:30 加筆&登録

加筆と言っても自動筆記なので、途中で思考の妨げを起こしてしまうと思い、

なかなか加筆はできませんでした。

 

そこで、登場人物の紹介や、舞台となる場所の地図を書きました。

地図作成には、Fantasy Map Generatorを使って気に入った地図を作ったあと、

drawソフトに似たような地図を書きました。

 

ここで視聴者さんがだんだん盛り上がってしました。

 

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ

山本五十六

 

と言われますが、視聴者さんも、物語の外観と登場人物の設定や地図が見えてきて初めて、概要がつかめたのだと思います。

いろいろサイドストーリーができそうな勢いでした。

 

地図にこれが欲しい、あれが欲しいなど、

予想以上に地図作成に時間がかかりました。

 

ここで、17:30でした。

 

困ったのが、タイトルでした。

何個かピックアップして、気に入ったものを選びましたが、アンケートでもよかったと思います。

 

最後に登録ですが、直前に表紙、奥付、注意事項がないことを視聴者さんに指摘いただきました。

奥付、注意事項が全く念頭になかったあたしは、書き方を教わりながら、作ることができました。

ここで投稿することができ、完成です。

 

値段について

開始当初、一文字0.1円を明言して8000文字だったので800円にしましたが、

公開後中身がないのに、周りより高いと思い、購入者さんがいないうちに、400円にしました。

 

終わりのさらにと、銀髪のマリオネット

https://izumifactory.booth.pm/items/1110745

 

執筆後の所感

思ったより、楽しく、みんな応援いただき、アイデアもいただき、アドバイスもいただきました。

自分一人では難しかったと思います。ライブ配信で執筆できて、とても幸運でした。

知らないことを教えてもらったり、共有できた点がよかったです。

以上、みなさまの参考になれば幸いです。


参加者募集中!

現在のメンバー数:799
現在のグループ数:6
現在の記事投稿数:335
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
1 Comment
  1. やど 5か月 ago

    すごい

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account