音声や音楽、キャラクターの動きなどを統合するのが動画編集です。不要なシーンのカットや各種演出を利用することで動画のクオリティが大幅に変わるため、どのような編集ソフトを使うか、どのように素材を取捨選択するかが重要になってきます。

イラストや音声と同じく動画編集にもプロが存在するほどで、活動はライブ配信中心で、動画はプロに編集してもらうVtuberも存在します。

OSによって利用できる動画編集ソフトやアプリが異なる

動画編集ソフトは様々な種類があり、パソコンやスマホに標準搭載のもの、無料のもの、優良なものが存在します。中には特定OSでしか動かせないものもあるため、自分の利用環境に合わせて動画編集ソフト(アプリ)を利用することも大切になります。

無料のものでも高度な編集を行う人もいますが、有料ソフトの場合は独自の機能を盛り込んでいるものも多くなります。金額だけでなく編集にかかる時間やクオリティのバランスを考えながら選択することも大切です。

無料ソフトの代表的なものは?

YouTubeにはかつて「YouTube 動画エディタ」という機能があり、動画編集機能を無料で利用することができました。しかし、2017年9月に機能提供が停止されてしまったため、過去に利用したことがある人も別のソフトなどで代用する必要があります。

パソコンの無料ソフトとして良く知られるのが「Avidemux」やWindowsの「Windows ムービー メーカー」、

Macの「iMovie」になります。コラボにも利用される「OBS」で録音と録画を行い、別なソフトで編集する人もいます。

有料ソフトを使って編集する人も多い

有料動画編集ソフトの魅力となっているのが、高度な編集が可能なだけでなく、独自の機能やエフェクトなどが盛り込まれていることが多いのが特徴です。プロ用の有料ソフトも販売されていて、機能性重視でソフトを選択する人もいます。

有名なのはAdobe社の「 Premiere」です。同じAdobe社の「After Effects」を併用する人もいます。Vtuberの間で愛用者が多いことが知られているのが「Filmora」で直感的な動画編集ができるのが特徴になっています。紹介動画も多いため、まずは無料体験版から利用する人が多いのもポイントです。

(個人の男性Vtuberとしてはトップクラスの人気を誇るヤミクモケリン氏もFilmora愛用者の一人)

まとめ

動画編集ソフトは多機能なものが多く、何をどのように編集するかが重要になってきます。使い勝手の良さから有料の動画ソフトを使っている人も多いのが特徴で、作業時間とクオリティに大きな影響を与えることもあります。

無料期間を利用して自分の作りたい動画との相性をチェックするなど、積極的に比較する姿勢も大切です。


参加者募集中!

現在のメンバー数:882
現在のグループ数:7
現在の記事投稿数:427
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account