Vtuberと一言で言っても、パソコンを持たずにデビューする人も増えています。理由の一つが気軽にVtuberデビューできるアプリが次々と誕生としていることです。パソコン自体を持っていない人も増えているため、より手軽なデビューの手段として注目されています。

手軽にデビューできる手段としてホロライブが人気に

手軽なVtuberデビューの手段として人気になっているのがホロライブです。もともとAR拡張用のアプリでしたが手軽に配信を楽しめるアプリに生まれ変わりました。オーディション経由で複数の公式ライバーがデビューしていて、一大勢力に成長しています。

動作の安定性とプリセットモデルのかわいらしさが人気の理由の1つで、スマホのカメラを使って顔認識を行い、キャラクターの表情を連動させた配信が可能になっています。

無料で使えるだけでなく、機能の改善やプリセットモデルの追加に期待できるのもポイントです。

動画編集ソフトを利用してスマホデビューする人も

スマホの動画編集アプリを使ってVtuberデビューする人もいます。スマホで絵を書き、音声を録音し、フリーの音源などを使えば動画を作成することが可能だからです。注意したいのは、パソコンと同じくスペックの低いスマホでは編集に時間がかかりがちなことです。

また、大画面のスマホでもパソコンなどよりも操作の自由度が低くなるため、タブレットなどを併用して動画作成をする人がいるのもポイントになります。アプリをつかわなければそれだけ動画編集の自由度はあがりますが、うまく動画を作成するのには時間と根気が必要になります。

先行しているVtuberさんの動画を参考にするなど、常に勉強していく気持ちは重要になります。

https://twitter.com/mochi_hakunagi/status/1015489627262672897

(スマホ勢も一定割合で存在するので、調べてみるのがおすすめです)

YouTube以外の媒体で配信する人も多い

スマホ勢のポイントになっているのが、YouTube以外の媒体で配信を行う人も多いということです。スマホアプリで気軽に配信を行える「Mirrativ」「ツイキャス」などで配信デビューを行い、配信内容を編集してYouTubeに動画をUPするというスタイルも珍しくないのです。

数クリックで配信開始できるのがアプリの魅力で、それぞれの活動でファンを獲得していく人も多いのが特徴になります。ただし、機種によってアプリが対応できる範囲が異なるため、OSの種類やバージョンなどを確認しないと思ったように動かない可能性があります。

特に顔認証とキャラクターの連動性を考えた場合は「iPhoneX」が非常に強力で、iPhoneXと比較すると他の機種や他OSは性能が落ちるケースが多いのです。

まとめ

スマホ勢は一定数存在し、簡単に配信デビューできるアプリなども充実しています。しかし、通信環境とある程度のスマホスペックがあることが重要になってくるため、格安スマホなどで低価格帯のものを使っている場合は処理能力の不足などに悩まされる可能性があるのです。

最新機種の利用やタブレットの併用など、作業関係を含めてチェックすることも大切になってきます。


参加者募集中!

現在のメンバー数:892
現在のグループ数:7
現在の記事投稿数:448
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2019 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account