金の話しをしようか。

収益化はVtuberにとって一つの節目ではあるのですが、一方で収益化が難しいコンテンツで登録人数は足りても審査が通らない人、収益化しても十分な収入が得られない人がいるのも事実です。

「自分の好きなこと」で食べていくことを考えた場合は、「無策で挑んでも食べられない人」がほとんどになるため爆発的なヒットを飛ばせない人ほど工夫が必要になります。

じゃあ、その工夫ってどうすればいいのか……という情報をYouTubeの動画で発信する予定でしたが、文章で書いた方が早い&割と困ってる人が身近にいるので記事化してみますね。

動画は……もうちょっとまって!!!

YouTube自体が収益を得て暮らしていくのに難しい構造になっている

基本的な話なのですが、YouTube自体が収益をあげるのが難しい構造になっています。まず、動画などに入る広告の単価は非常に低く設定されているため、

「プロになるには100万再生はいかないと厳しい」

などといわれる理由にもなっています。生放送主体でスーパーチャットで稼ぐにしても額面の3割はYouTubeに持っていかれてしまうので、継続して収益をあげるのは至難の業です。

そもそも、ライブ配信中心で面白いコンテンツを安定して供給すること自体のハードルが高いので、「自分に才能があると信じられる」「すでに実績を出している」などの前提のクリアができないとかなり厳しいです。

Vtuber界隈の場合は「企業が先行する分野」であり、まだまだ投資段階で黒字出しているところが少ない状態であるのもポイント。単純に力技やコンテンツ力で収益をあげるのは難しい世界なのです。

なので、個人勢の場合はいかに工夫をするかが大切になってきます。

YouTube以外の収益源の確保が重要に

Vtuberとして収益をあげようとする場合は、YouTube以外の収益源をいかに確保するかが重要になります。

労力をかけるなら、別のコンテンツで課金できるプランや各種商品を充実させる、別な形で広告収入を得られるようにするなど工夫をした方が効率的なケースが増えるからです。

たとえば、ブログや個人経営のサイトに広告をのせて収益をあげるのは一般的な手法になっています。これは1クリック当たりの広告単価が非常に高く、YouTubeの広告の数倍~数百倍単位の収益が上がることもあるからなんですね。

まず、効率的な宣伝広告(アフィリエイト)の配置で収入が増える可能性があるというのが一つ。

次ぎ、FANBOXなどのファンから支援をもらうタイプのサービスやBOOTHを使った物販も強力な武器になります。

ボイスデータの販売なども可能になったので使える手はかなり増えていますね。

また、SKIMA、ココナラなどのスキルマーケットサービスでサービスを販売することも可能です。

大切なのは様々な手段を探し、効率的に組み合わせ、収益をあげるということです。

商品やサービス自体に魅力があれば、「ファンじゃない人が購入する」可能性があるのも忘れないでくださいね。

Vtuberだから必ずYouTubeから視聴を始めるわけではなく、商品やサービスからファンになってくれる人がいるかも知れないという認識は結構大切です。

なので、知ってもらうきっかけ作りのために非売品の「めちゃくちゃクオリティの高いサンプルボイス」「気合の入った一枚絵」をあちこちの販売サービスに登録して、Twitterなどに誘導するなんて宣伝手法もあるので覚えとくとプラスになりますよ。

あちこちに看板を立てるようなもので、いつもと違う層が視聴してくれるきっかけにもなります。

目標金額を決めた上でビジネスモデルを作っていくことが重要に

さて、Vtuberとして生活をして行きたい、副収入を得て行きたい場合は目標金額の設定と、ビジネスモデルの作成が重要になります。活動していてなんとなくお金が入ればなーというレベルであれば、気にすることは無いのですが……

生活が苦しいとVtuberとしての活動を辞めなければならないリスクにも繋がりかねないですからね。

目標金額の決め方は人それぞれですが、最初は月1000円とか、そんな感じでやってくとハードルが下がります。

一人暮らしかどうかでどれくらいお金が必要かは代わるのですが、最低でも10万円位稼がないと生計立てるのは難しいですね。家賃などの支払いがあれば10万円台後半、それ以上だと生活に余裕が出てくる+老後のための積み立てなど様々な選択肢が増えます。

さて、次にビジネスモデルを作って行きましょうか。ビジネスモデルって言うと漠然としていますけど、平たく言えば

「どうやればどれくらいお金が稼げるか」

という話です。ただし、しっかりとモデルを作ってどこに問題があるのか、どういった課題があるのかを分析しないと収益が上がらずに失敗が延々続く可能性があるため注意が必要です。ビジネスモデルがふわっとしたものだと収益が出ない原因になります。

じゃあ、ビジネスモデルってどうやって作ればという話なのですが、人のモデルを真似するのが一番早いです。

そして一番問題になるのが、Vtuber界隈のビジネスモデルがほとんどないこと、ほぼ企業に偏っているということです。

真似する? できたら苦労しないよ! な、事例ばっかりなのですよね……

な、わけなので、もうちょっと真似しやすい異業種のモデルを取り込んでハイブリット化目指すのがおすすめです。

異業種のモデルと組み合わせた方が良い理由って?

異業種のモデルと組み合わせた方がいい理由はとてもシンプルです。

プロ Vtuber なりかた

で検索しても出ない情報が、

プロ ブロガー なりかた

で、検索すると途端にノウハウに関するアクセス難易度が下がるからです。

そして、Vtuberとして活動しているということは生放送や動画の作成技術を宣伝に行かせるということでもあるので、

「生放送で語れるプロブロガー」

「ブログで稼げるVtuber」

とかになれるわけです。

BOOTHでボイス販売始めたらアマチュア声優名乗ることも可能ですし、「直接会話ができる声優」とかブランド付けも可能と。自分のできそうな範囲のジャンルで、実際に稼いでいる人の情報をチェック。

凸待ちはFANBOXで○○円プランに加入した人から優先とか色々やれますしねー。後は会員規約などとにらめっこしながら、どこまでがOKかを確認して、いけそうならやれば良いだけです。

ここまでは勢いよく進むケースが結構多かったりもします。

モデルができたら数字の裏づけを取っていく

実はここからが難しいところです。

ビジネスモデルを真似するのは簡単なのですが、それでどれだけ効果があるかはやってみないとわからないからです。事前に分析をすることは可能ですが、そもそもどれだけ手持ちのデータがあるのか、どんな角度で分析するかで数字の見え方が変わります。

そのため、複数のことを試しつつ、それぞれどの程度の効果があったかを観測し、作業を改善していく必要があるのです。

トライアンドエラーは基本ですが、人間には寿命があります。使える時間にも限度があるので、一つのデータから一つのものしか見ないという考え方では厳しくなってくる。

そんなわけで、まず「Twitterのフォロワーの何%がYouTube登録者で、何%がFANBOX会員で、生放送のアクティブ率は何%」といった数字を具体的に出してみましょう。

次に、「○時に放送したけど視聴者が来なかった」なら、「宣伝が足りなかった」「そもそも見る層が少なかった」「似たコンテンツを発信する強力なライバルがいた」「Twitterのフォロワー層と放送に来てくれる層にずれがある」など、様々な原因を考えながら、

「時間を変更して視聴者が増えるのか」

「単純に宣伝を増やせば視聴者が増えるのか」

などを検証して行きます。数字の改善があった場合は一歩前進、減った場合は別の原因があったことになるためまた分析を加えましょう。

その上で、

「このペースで視聴者が増えると○年後に生活できるようになる。しかし、時間がかかりすぎるからもっと時間を短縮する工夫をしよう」

「何をしても視聴者減るということは、YouTube以外の市場を開拓しないと厳しい」

「収益化は見込めないけどファンと交流できるから無理しなくて良いか」

などの判断をしていくことになります。

実際「視聴者層」は媒体によって代わるので、YouTube以外で伸びる人がいるのはある意味当然なのです。

あとは、

「登録者数を何人増やせば目標を達成できるか」

「登録者の中から課金する割合を増やすためにいかに魅力的なコンテンツを作るか」

「それぞれのコンテンツでプランや商品を買えたらどの程度売上げが変動するか」

などなどを色々やりながらノウハウをためていってください。

場合によっては、そのノウハウを

「スキルマーケットにアドバイスサービスとして出品する」

なんてこともできますから。

「爆速で月○○万円稼げるブロガーになる方法!」みたいな有料メールマガジンは今回のようなコラムを詰め合わせてるケースも多いです。

で、アドバイスが売れるくらいの人間として「自分をブランド化する戦術」も存在するのです。

私の場合はライターとしてのアドバイスサービスを出品してて、そこそこ売り上げだしてます。個別にお話聞いて長所や短所にあわせて最適な媒体やおすすめの市場の誘導まで提案するので割と好評です(ダイマ)

ノウハウの公開がオープンな場所に行って学ぶことは結構大切ですよ。ただし、大きく儲けられる可能性がある業界ほど誤った情報が出回る確率も上がります。

情報のチェックはしっかりしてくださいね。

 

アイキャッチ画像 奥座敷さち@バーチャル座敷童子

YouTube Twitter ココナラ


参加者募集中!

現在のメンバー数:406
現在のグループ数:6
現在の記事投稿数:239
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2018 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account