Vtuber界隈にとどまらず、動画作成などに関わる人の中では影響の少なくない事件が起きました。

YouTubeやニコニコ動画で「Anriのカラオケ制作室」として音源を公開していた人物が著作権隣接権に違反していることが判明し、書類送検されたのです。(YouTubeチャンネルは削除済み)

詳しくは各種ニュースメディアを確認して欲しいのですが、

『自作と称してカラオケ音源を公開していた』

ため、それを利用したVtuberにも影響が広がっています。

具体的には、おめがシスターズ朝ノ姉妹プロジェクトかみさま、などが一部動画の公開停止と削除を発表しています。(お名前に該当ツイートへのリンクを張っております)

個人的にもツイートをしたわけですが、「著作隣接権」とは何か、YouTube上で公開するとどんな問題があるかを解説いたします。

著作隣接権とは音源などを作った人の権利をまとめたもの

著作権とは音楽や歌詞を作った人などが持つ権利です。

YouTubeは主要な音楽の権利者団体と包括契約を結んでいて、様々な音楽を自分で演奏したり、自分で歌っても動画をあげた人に請求がいかないようにしています。

逆に言えば、YouTube以外で歌ったり演奏したりすれば使用料を請求されることもあえます。

YouTubeと契約していない団体や個人の楽曲は、著作権者の同意をしていなければアップロードがNGになるのですが、そちらも省きます。

では著作隣接権とは何かといえば、CDやカラオケの音源を作った人の権利のことです音楽に関わらず様々な権利があることにも注意して下さいね。

今回の事件は自作とうたいながら実際はダウンロードした音源を権利者の同意を得ずに公開していたため、音源の権利者から訴えられた状態になるわけですね。

音楽のカヴァーアルバムにはカヴァーした人の権利があるのと一緒だと考えて貰えればわかりやすいかもしれません。

YouTubeで公開した場合は何が問題になるの?

さて、今回は著作隣接権の違反が確認されたわけですが、その音源を使った動画などをYouTubeにあげ続けていた場合はどのように処理されるのでしょうか?

まず、著作権と著作隣接権は権利を持った人間が別であることに理解が必要です。

著作権はYouTube側で処理を行っているため、事件発覚前と後の二つのポイントを理解する必要があります。

 

1.事件発覚前はYouTube側で著作権処理をした動画になるため、発覚前の責任まで追及されることはほぼない

2.発覚後は問題があることが確認されているため、何かしらの対処が行われる可能性がある

 

ケースによってどのような処理が行われるかわからないため、突然公開がストップされる場合や、チャンネル運営に影響があるBANなどに発展する可能性もあります。現状はどのような処理がされるか断定できない状態になります。

次に問題になるのは著作隣接件の扱いです。

YouTube上で動画が見られる状態になっている限り、著作隣接権の侵害は続いていることになります。

そのため、

再生回数が増えれば増えるほど、著作隣接権の保有者から権利侵害で訴えられる確立があがります。

また、「再生回数」などを基にして損害を計算することが一般的なため、公開が続くほど請求額も高くなる傾向があります。

人気の動画であれば、再生回数が多くなり請求できる金額が大きくなってから裁判を起こすといったことも可能になるわけです。

海外の事例になりますが、大ヒット動画をアップロードした人に総額で1億円を超える請求が行われたケースもあります。詳しく読みたい方は下のリンクからどうぞ。

IPFbiz

投稿動画のBGM 著作権と著作隣接権(原盤権)に注意

じゃあ、どうすればいいの?

該当する動画があれば非公開か削除するのが基本になります。

大きなニュースになっているため、「知らなかった」では済まされない可能性が高まっているからです。

知らずに続けていた場合は責任を免れる可能性もありますが、可能性をゼロにすることはできません

無料の音源を使わずに、人に演奏してもらうなどお金をかけて依頼する人がいるのは、このような著作権リスクを回避する意味合いもあるのです。

今回のように「自作発言」で損害が発生した場合は弁護士に相談の上で、「自作であると偽った」人間に損害分を請求できる可能性もあります。ただし、実際にどの程度の損害が発生しているのか、損害を引き起こした人間に支払い能力があるかは別です。

損害が小さければ弁護士に依頼する費用が上回ってしまう場合や、そもそも依頼を受けてくれる弁護士自体が見つからない可能性もあります。

また、うかつに法律に関することを断言してしまうと、『業務独占資格』の侵害になり、別な罪に問われる可能性もあるので注意してくださいね。

面倒くさい?

面倒だから人に任せるとお金がかかるのです……

知っていれば自分が武器として使うこともできるので、自衛のためにもある程度著作権周りの勉強はしておいた方が良いですよーということで。

今後も起こりえる事件になるため、有料無料に関わらず、著作権に関わる活動をしている場合はリスクとして知っておくことが大切です。


参加者募集中!

現在のメンバー数:348
現在のグループ数:4
現在の記事投稿数:150
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2018 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account