★20181113追記★
V-estUP夏野さんについて、公式から悲しきお知らせが発表されました。詳細は以下ツイートを参照ください。

私個人は報酬の支払いが未だだった事もあり、被害をほとんど受けずに済みました。
夢月ましろさん、涼白はくさんとは引き続き取引を継続していきます。
私が個人的にやり取りをさせて頂いた限り、夢月ましろさん、涼白はくさんは信頼のおけるクリエイター様です。通話などで直接お話も伺っています。

V-estUPさんは解散するとの事なので、私の日記は一部情報が古い部分がございますのでご了承ください。

====

どーも、歌一本で(以下略)管理人のよたいちです。

前回、歌唱予定楽曲の参考でバーチャルゴリラさんの動画を貼ったら、此ノ木ヨシヲさんに突っこまれてしまいました。

紛らわしくてすみません!ちゃんと(?)美少女になるから大丈夫です!!
ゴリラは目指しませんが、最近毎日1本バナナは食べているので許してください。

此ノ木ヨシヲさんは「変女」という漫画のめっちゃ可愛い女子高生ヒロインが、めっちゃ隠語連発したり、たまに罵倒してくれたり(ご褒美)、話しかけるとおっぱいくれたりする「変女BOT」を開発されているスーパーITエンジニア様です。

きっといつかスマートホールを開発してくださると私は信じています。(SE/此ノ木よしる 参照)

「変女」は私のもう一つの運営サイト「萌えまんがの部屋」で度々推させて頂いている作品です。
ややこしいので念のため、変女の著者様は此ノ木よし”る”先生です。

なんだかイントロ部分が脱線ゾーンみたいになってきましたね、正しいと思います。

V-estUPさんクリエイターチームとの通話

話を戻しまして、見積書を頂いて契約も(チャットレベルで)結んだので、次のステップに進みます。

さらに詳細な連携を取るということで、日程を調整の上V-estUPさんクリエイターチームとDiscord通話をすることになりました。LPにもまずはコミュニケーションを取ってクライアント様と友達になりますと書いてあったので、通話を使うのはそのポリシーの元なのでしょう。(純粋にやり取りがスムーズなのもあると思いますが)

実はここ暫く通話を使っておらず、Discordも初なのでドキドキしながら挑んだんですが、夏野さんがしっかりリードしてくれたので安心してお話できました。

まず最初に軽く挨拶的に自己紹介いただいて、謎に包まれた(?)V-estUPさんの輪郭が鮮明になってきます。

  • 夏野とばり 動画編集(口頭ではツイッターやってます!!と仰っていましたが…笑)
  • 夢月ましろ イラスト、Live2D、MIX
  • 涼白はく 3Dモデル

敬称略で書きましたが、左側がお名前、右側がそれぞれのスキル分野です。
そう、ここで驚くべき事に気付かされる訳ですが、どうやらV-estUPさんは3人だけで編成されたクリエイターチームのようです。

このサービスをこのクオリティで3人だけで回してるって凄くないですか……
とりあえず只者では無い感がひしひしと伝わってきます。片目に装着していたスカウターが一個吹っ飛びました。(嘘)

あと、契約の流れの説明もして頂きました。請求金額を振り込むタイミングは先払いではなく、ラフ案などの後、納品時に振り込む形のようです。

キャラクターの方向性、イメージキャラクター案について

続いて、キャラクターの方向性などの話に入っていきます。

事前に大まかなイメージはお伝えしていたので、名前は「よたいち」で統一したいとか、衣装はどうするのかとか、本当に美少女路線で良いのかとか細かなところを詰めていきました。美少女については夏野さん曰く「迷う余地もなく美少女が絶対受けはいいです!」とのこと、私も同感であります(笑)

あとは薄ら案として浮かんでいたindiVTubersのイメージキャラクターっぽくするのはどうか?というお話もしました。イメージカラーはロゴに合わせて黒と赤を前面に出す感じにすると、面白いんじゃないかなーと。

個人的に黒髪ショートカットなら、赤メッシュを入れるのカッコ可愛くないですか!!という話をしたら、「まさにバンドリの美竹蘭みたいな感じですね!」と返されました。確かに。

まんま美竹蘭という訳にもいかないので、何か特徴を付けないといけないなーなんて思いつつ、ここは一旦イメージとして赤メッシュを確定させます。

そして衣装なんですが、正直ミニスカニーソ以外何にも思い浮かんでいなかったので、この時点ではパッと決められず。後々夢月さんとイメージを詰めていく事になります。何となく私服よりは衣装かな・・・くらいの話で終わりました。

登録者数、何人目指しますか?という質問

通話中に夏野さんから頂いた質問がこれです。

V-estUPさんのプランにはマネジメントが含まれているのが特徴なのですが、この質問の答えによってマネジメントの方向性が変わってくるとのことでした。目指すゴールが変われば、必要なマネジメントも変わるという事ですね。

私の場合はこれ単体で食っていけるレベルは全然考えていない(少なくとも今のままでは無理)ので、個人の趣味の範囲でやる前提で、多めに見て5000人くらい目指せれば上出来かなーくらいで回答しました。いけるといいですねっ

これ単体で食っていかないとはいえ、vtuber化することでindiVTubersをもっと沢山の人に知って貰ったり、メンバーの方とコラボできる機会を増やして、活動の幅を広げていけたら嬉しいなとは思ってます。

あとはやっぱり歌を楽しむことが一番ですね!

最後に

他には動画の方向性をアニメーションか文字で見せる感じにするかや、MIXの方向性を歌ってみたMIXとCDMIXのどっち寄りにするか等もお話しました。

動画は今の所こんな感じで考えているので、文字や背景で見せる感じですね。

真ん中の黒棒はマイクスタンドです。

MIXはカラオケ歌っちゃ王さんの音源を使う予定で、カラオケレベルの音源なので歌ってみたMIX寄りで良いかなという事に。(歌ってみたMIXは、CDMIXよりボーカルの音量大きめ…という感じのイメージです。)

かなり具体的なデビューイメージは沸いてきましたね。
次回は夢月さんとさらにキャラクター詳細を詰めていった所からお話しようと思います。

お楽しみに!

次回:第5回
初回:第1回

投稿予定のチャンネルはこちら


参加者募集中!

現在のメンバー数:384
現在のグループ数:5
現在の記事投稿数:200
あなたもindiVTubersに参加して、個人VTuber界隈を一緒に盛り上げませんか?
デビュー済みの方は勿論、準備中、リスナーさんの登録も歓迎いたします!
登録&利用は完全無料です。詳しくはガイドラインをご確認ください。

スポンサーリンク


相互RSS
0 Comments

Leave a reply

ご意見BOX

何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご意見をください。こちらから頂いたご意見は原則回答しておりませんが、全て目を通させて頂きます。

Sending

©2018 indiVTubers

Forgot your details?

Create Account